楽天ブックスのコンビニ支払いに迫る!手数料や期限について大調査!

スポンサーリンク
楽天
スポンサーリンク

近年ではスマホが普及したことで、様々な支払い方法が利用出来るようになりましたね。

現金やクレジットカードはもちろん、電子マネー、QR決済、ポイント支払いなど、種類を数えるのも大変なほどたくさんあります。

その中で今回は、楽天ブックスのコンビニ支払いについて注目してみましょう。

私は普段からクレジットカード決済を選ぶことが多く、コンビニ支払いについて意識する機会が少ないです。

しかし、コンビニ支払いを利用出来るネットショップも多いので、楽天ブックスでも利用出来るのか知りたくなり調査してみました。

結論から申し上げると、楽天ブックスでもコンビニ支払いを選ぶことが可能です。

ただし、手数料や期限など、注意しなければならないポイントがありますので、一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク

楽天ブックスではコンビニ支払いを選べるの?

私がまだ独身だった頃、ネットショップの支払い方法はあまり種類が多くありませんでした。

インターネットにクレジットカードを登録することにも抵抗を感じていたので、当時はコンビニ支払いを選ぶことが多かったように思います。

また、仕事で家を空けることが多かったので、自分の好きなタイミングで受け取ることが出来るコンビニ受け取りもよく利用していました。

今でもコンビニ支払いとコンビニ受け取りを利用出来るサイトは多いですが、楽天ブックスでは利用出来るのでしょうか。

ここでは、楽天ブックスの支払い方法について改めて調査しましたので、一緒に確認していきましょう。

コンビニ店頭支払いの欄をチェックしよう!

楽天ブックスで利用出来る支払い方法を確認してみると、2021年10月現在では4つの支払い方法を選ぶことが出来ると分かりました。

その4種類をまとめてみましたので、まずはこちらをご覧ください。

楽天ブックスで利用出来る支払い方法一覧
  • クレジットカード決済
  • 代金引換
  • コンビニ店頭支払い
  • 楽天ポイント

楽天ブックスでは、キャリア決済を選ぶことが出来ないんだね。ちょっと意外かも!

携帯電話の料金と合算する「キャリア決済」は、電子書籍のサイトやネットショップで人気の支払い方法です。

しかし楽天ブックスでは使用が出来ないので、注意が必要ですね。

話が逸れてしまいましたが、楽天ブックスの商品をコンビニで支払いたい場合は、支払い方法を変更する必要があります。

商品の購入画面で「支払い方法変更」を選び、「コンビニ店頭支払い」を選択しましょう。

楽天ブックス ヘルプ

コンビニ支払いを選ぶ手順はこれだけです。とっても簡単ですよね♪

しかし実は、コンビニ支払いを選ぶ際には注意するポイントがあると判明したのです。

うっかりして間違えることの無いように、この機会にしっかりと確認しましょう!

コンビニ支払いをする場合の配送方法は1つだけ!

コンビニ支払いを選ぶ際に注意しておきたいポイントとは、「配送方法」についてです。

ネットショップの中には、コンビニで料金を支払い、入金が確認された後、自宅へ配送してくれるサイトもありますよね。

しかし楽天ブックスの場合、「コンビニ店頭支払い」を希望の方は「コンビニ店頭受取」のみ利用することが可能です。

つまり、ご自宅に直接配送を希望される方は、コンビニ支払いを利用することが出来ませんので注意が必要ですね。

コンビニ前払いをして「あとは商品が届くのを待つだけ」のスタイルが好きだったけど、楽天ブックスでは利用出来ないんだね、残念

コンビニ支払いの利用については、ネットショップによってそれぞれルールが違います。

楽天ブックスのように、支払い方法や配送方法が制限されてしまうこともありますので、購入する際は細かくチェックすることが大切ですね。

スポンサーリンク

コンビニ支払いには手数料がかかるので注意!

楽天ブックスのコンビニ支払いについてご紹介しましたが、ここで一つ気になるポイントがあります。

それは、コンビニ支払いでは「支払い手数料」はかかるのか、ということです。

私も過去に、クレジットカードよりコンビニ支払いを利用することが多かった時がありました。

その時は手数料のかからないショップだったので不便なく利用していましたが、楽天ブックスの場合はどうなのか気になりますよね。

そこで調べてみたところ、楽天ブックスのコンビニ支払いでは、手数料がかかってしまうことが判明しました。これから詳しく見ていきましょう!

コンビニ支払いの手数料の金額が判明!

うっかり忘れてしまいがちな手数料ですが、ここでしっかりと確認していきましょう。

楽天ブックスでは「コンビニ店頭支払い」を選ぶと、一律税込み265円(2021年10月現在)の料金がかかってしまいます。

料金はあまり高くないですが、商品の料金と合わせて考えると「損をしてしまった」と感じるかもしれません。

例えば460円の漫画をコンビニ支払いで購入するとします。460円と265円を足して「725円」になるので、高額な印象となってしまいますよね。

手数料だけを見るとあまり高額には感じないけど、こうしてみると「高い!」って思うかもしれないね

また同じように、代金引換にも手数料が発生いたします。

代引き手数料のかかるお店は多いですが、楽天ブックスではいくらなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

楽天ブックスでは税込み305円(2021年10月現在)となります。コンビニ支払いより少し高額となってしまうためご注意ください。

もちろん、コンビニ支払いや代金引換を利用することが悪い訳ではありません。あなたにとってメリットのある支払い方法をお選びください。

しかし、手数料の存在は意外と忘れがちになってしまうため、ご利用の際は必ず確認することを忘れないでくださいね。

楽天ブックスでは送料はかかるの?

「支払い手数料」の他に気になる手数料と言えば「送料」ですよね。私はどちらかと言えば、送料について気になって仕方ありませんでした。

その理由と言うのも、地方に住んでいるため、ほとんどのショップで送料が高くなってしまうからです。

つい先日、子供に冬用の帽子を作ろうと思い、毛糸を調べてみたところ、セール品で1玉80円の可愛い毛糸を発見しました。

しかし、送料がなんと600円もかかると書いてあったのです。

商品自体の料金の、何倍もの送料がかかることを知って、直接お店で買うことを決意した出来事でした。

このように、お住まいの地域によっては送料が高額になってしまうため、気になる方も多いと思います。

そこで詳しく調べてみたのですが、楽天ブックスではなんと、いつでも全国送料無料となっています。

しかも本だけではなく、楽天ブックスで取り扱っている、CDやDVD、ゲーム、おもちゃなど、大きなものや重いものまで無料です!

すごい!送料無料は嬉しいサービスだね♪

つまり楽天ブックスでは、コンビニ支払いと代金引換の時のみ、別途手数料がかかる、ということですね。

地方に住んでいらっしゃる方も安心してご利用出来ると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

コンビニ支払いの期限はいつまでなのか確認しよう!

コンビニ支払いと聞くと、あなたはどんなイメージが浮かびますか?

私はバーコードが記載された、ミシン目が付いている用紙のイメージが強いのですが、今はそうとも言い切れません。

ショップから指定された番号を、店頭や専用の機械で操作する必要があるため、以前より難しくなった印象を受けます。

なぜこのような話をするかと言うと、コンビニ支払いの期日は払い込み用紙に記載されていることが多いからです。

しかし、コンビニ支払いの操作が複雑化しているため、期限についてどこを確認すれば分からない方もいらっしゃるかもしれません。

そこでここでは、コンビニ支払いについてさらに詳しくご紹介いたします!

商品の保管期限をチェックしよう!

先ほどご説明した通り、楽天ブックスで「コンビニ店頭支払い」を選んだ場合、配送方法は「コンビニ店頭受取」のみとなります。

つまり、コンビニで支払いをすれば、その場で商品を受け取ることが出来る、ということです。

ネットショップの中には、料金を支払った後に商品を発送する「コンビニ前払い」のお店もありますよね。

その場合、決められた日にちまでに支払わなければ商品が発送されないため、料金の支払い期限について気にされる方も多いと思います。

そこで詳しく調べてみたところ、楽天ブックスのコンビニ支払いの場合は「商品の保管期限」が料金の支払い期日となることが分かりました。

商品がコンビニに到着後、受け渡しが可能となり次第、楽天ブックスからメールが届き、その日にちが「受取開始日」となります。

商品の保管期限は、ファミリーマートの場合「受取開始日を含む7日間」、ローソンは「受取開始日を含む8日間」ですのでご確認ください。

思っていたよりも長い期間保管してくれるんだね!3日間とかもっと短いのかと思ってた!

このように、コンビニ支払いの場合は商品を同時に受け取る都合上、商品の保管期限が支払いの期日となります。

目安は1週間となりますので、「メールが来たけど、今日は忙しくて受け取りに行けないかも!」という方も安心ですよね。

ただし「まだ期間に余裕があるから」と先延ばしにばかりしてしまうと、うっかり保管期限を過ぎてしまうかもしれません。

なるべくお早めに受け取りに行くことをおすすめいたします。

利用出来るコンビニを確認しよう!

「コンビニ店頭受取」を利用したことのある方は既にご存知だと思いますが、コンビニ受け取りはすべてのコンビニで利用出来るわけではありません。

楽天ブックスの場合、「コンビニ店頭受取」を利用出来るのは、ファミリーマートとローソンのみとなっています。

ファミリーマートもローソンも店舗数の多いコンビニのため、不便を感じることは少ないかもしれません。

しかし、ファミリーマート、ローソンの中でも、受け取り先のコンビニに指定出来ないことがあるので注意が必要です。

私も先日、主人へのプレゼントをネットで購入した際、当日まで秘密にしたかったので、コンビニ受け取りをしようと手続きをしました。

子供のお迎えの時に受け取ろうと思い、保育所近くのコンビニを指定しようとしたのですが、そのコンビニでは受け取りが出来なかったのです。

結局家から近いコンビニで受け取りしたことがありました。滅多にないことだとは思いますが、注意して確認しておくことをおすすめいたします。

楽天ブックスのサイトでも「各コンビニエンス店舗によって異なります」と記載がされているので、確認してみてくださいね。

手続きが簡単なのはファミリーマート!

私は高校生の頃セブンイレブンでアルバイトをしていました。当時はインターネットでのお買い物が少しずつ普及してきた頃です。

その頃のコンビニ払いと言えば、公共料金などにも使われるている、バーコードが印字された払い込み用紙が一般的でした。

しかし、払い込みや受け取りの為の番号を伝えられたり、バーコードが記載されたコピー用紙を持って来られる方が多くなってきた頃でもあります。

私自身も何度か、払い込み用の番号をレジで伝えたことがありますが、恥ずかしかったり、煩わしく感じてしまうことが何度かありました。

その点、楽天ブックスのコンビニ支払いやコンビニ受け取りは、コンビニの専用端末を使って操作をするため、わざわざ口頭で伝える必要がありません。

ファミリーマートでは「Famiポート」、ローソンでは「Loppi」を使い、メールに記載された番号を入力します。

そして出力された用紙をレジに持っていくだけです。コンビニ払いの場合、この操作が今では一般的になってきたように思います。

しかし、ファミリーマートではさらに便利な方法がありました!

楽天ブックス ヘルプ

なんと、商品受け取り用バーコードが表示されるURLが、メールに記載されているのです。

これなら、スマホをレジに提示するだけだから、端末操作の必要もなくて簡単だね♪

バーコードが表示されるURLは、ファミリーマートを選んだ場合のみのサービスです。ローソンを選んだ場合記載がありませんのでご注意ください。

ちなみに私はもともと、コンビニの中ではセブンイレブンが好きでしたが、今の家に引っ越しをしてから、立地的に利用しやすいファミリーマートに浮気しました。

このように「よく利用するコンビニ」には、立地条件や利便性の他に、あなた自身の好みなどもあると思います。

しかし、端末操作が分からない場合や、操作が面倒と感じる方には、手続きが簡単なファミリーマートでの受け取りをおすすめいたします。

それでももし、「操作方法が分からない」と困ってしまった時は、店員さんが教えてくれますので、安心してくださいね。

発売日前に予約した商品はいつまでに払えば良いの?

ネットショップを利用する際、意外と疑問に思ってしまうのが「予約した商品の支払い」についてです。

私も独身時代、ゲームや漫画を予約して購入していましたが、コンビニ支払いをした時は期日の確認が大変だった覚えがあります。

特に「コンビニ前払い制」の場合は、支払い期日が予約した直後だったり、商品の発送準備が出来次第だったりとバラバラでした。

ショップや商品によって支払期日が変わるので、確認するのも一苦労ですよね。

それでは楽天ブックスの場合どのようになるのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

フラゲしたいのなら前日の19時以降に!

コンビニ支払いの期限については、今までご説明してきた中に答えはあるので、お分かりになった方も多いのではないでしょうか。

楽天ブックスでは、「コンビニ店頭支払い」を選ぶと「コンビニ店頭受取」しか利用出来ません。

そのため、支払い期日は「商品の保管期限まで」となります。

ここで注意して頂きたい点は、「フラゲ対象商品の場合について」です。

フラゲとは「フライングゲット」の略で、発売日前の商品をフライングして入手出来るシステムとなっています。

そんな制度があったんだね!初めて知ったよ!

CD・DVD・ブルーレイに限り、発売日5日前までに予約をした場合が条件です。

また受け取り方法も地域によって異なりますので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

この「フラゲ」ですが、コンビニ受け取りで行う場合、「発売日前日の19時以降」という時間の指定があるため注意が必要です。

19時以降というと、仕事が終わり、すでに帰宅している時間だという方も中にはいらっしゃると思います。

少し遅い時間かなとも思いますが、楽しみにしていた商品を一足先にゲット出来るのなら、喜んで受け取りに行くこと間違いなしですよね。

ちなみに「郵便局受取」の場合、商品到着のメールが22時までに来るため、さらに遅い時間になる可能性があると分かりました。

そんな「郵便局受取」についての詳細は、こちらの記事にまとめてありますので併せてチェックしてみてくださいね。

私は今回初めて「フラゲ」について知りましたが、今はこんな活気的な制度があるのだと、とても驚きました。

ただし、「フラゲ」には細かい指定がありますので、しっかりとチェックして、あなたも一足先に商品をゲットしてみてはいかがでしょうか。

コンビニ支払いでpaypayは使えるの?

キャッシュレス化が進んだことで、あまり現金を持ち歩かない方も増えてきましたよね。

仕事でお客様のお会計をする際、「電子マネーやQR決済の利用が以前よりも多くなったな」と感じることが多くなりました。

特に人気なQR決済は、やはりpaypayですね。paypayで支払いが出来るお店も多いため、登録している方が多い印象です。

ここで一つ疑問なのですが、楽天ブックスの商品をコンビニ支払いする際、paypayや他のQR決済は利用出来るのでしょうか。

うーん、確か、公共料金などの支払いには使えなかったと思うから、楽天ブックスの支払いも出来ないと思うなあ

実際に詳しく調べてみたところ、実はこの「コンビニ店頭支払い」には、うっかりハマってしまいそうになる落とし穴があると発覚したのです。

支払いの際に慌てることのないように、これを機にしっかりと確認しましょう!

コンビニ店頭支払いは現金だけ利用可能!

最近ではコンビニでも、様々な支払い方法を選ぶことが出来るようになりましたよね。

QR決済やポイント支払いが可能なコンビニもあるため、ポイントを貯めたい方やキャッシュレス希望の方も快適に利用することが出来ます。

このように様々な支払い方法に対応しているコンビニなら、楽天ブックスの料金も好きな支払い方法を選ぶことが出来るのではないでしょうか。

そこで調べてみたのですが、コンビニ店頭支払いでは、paypayやd払いなどのQR決済や、クレジットカード決済で支払うことは出来ません。

支払いは現金のみ可能、ということが分かりましたので、注意が必要ですね。

コンビニでは現金しか使えないのかあ。それじゃあ、クレジット決済希望の人は自宅まで配送してもらうしかないんだね

宅配便は便利で楽な配送方法ですが、留守にしがちの方や、家族に秘密の買い物をする場合など、都合が悪いこともありますよね。

だからといって、コンビニ支払いの手数料を払うのは嫌だという方もいらっしゃると思います。

実は、クレジットカード決済を選んだ方でも、コンビニで商品を受け取ることは可能だと判明しました!改めて詳しくご紹介いたしますね。

受け取るだけならコンビニを利用することが出来る!

先ほどご説明した通り、「コンビニ店頭受取」を選べば、支払い方法をクレジットカード決済にすることが可能です。

つまり、支払いはクレジットカード、商品の受け取りはコンビニでする、ということですね。

クレジットカード決済を利用したい方は、下記の画像のように、配送方法の変更ボタンから「コンビニ店頭受取」を選ぶようにしましょう。

楽天ブックス ヘルプ

また、先ほど手数料についてご紹介いたしましたが、楽天ブックスでは「コンビニ店頭支払い」と「代金引換」で手数料が発生いたします。

しかしクレジットカード決済なら、手数料を支払うことなく、コンビニ受け取りを選ぶことが出来るのです。

手数料を節約したい方や、自宅へ配送して欲しくない方は要チェックですね。

ただし、ここで支払い方法を「コンビニ店頭支払い」に間違えないようご注意ください。

先ほどもご説明した通り、コンビニで料金を支払う場合は現金しか利用することが出来ません。

クレジットカード決済を利用したい場合は、楽天ブックスにカード情報を登録する必要があるため注意が必要です。

「クレジットカード決済を選んだはずなのにどうして!?」と焦ることのないように、しっかりと確認してから購入しましょう。

コンビニで支払う時は現金のみ、コンビニで受け取る場合はクレジットカードもOKなんだね♪

とはいえ、現在ネットショップでも、便利な機能や支払い方法が次々と増えています。

今後、コンビニ支払いでもクレジットカードやQR決済が利用出来るようになるかもしれません。期待して待ちたいですね。

このように、コンビニ支払いやコンビニ受け取りのメリットはたくさんあります。

あなたのライフスタイルに合わせて快適に利用出来るよう、チェックしてみてくださいね。

まとめ

  • 楽天ブックスの商品をコンビニ支払いしたい場合は「コンビニ店頭支払い」を選ぶ
  • 「コンビニ店頭支払い」を選ぶ場合、配送方法は「コンビニ店頭受付」しか選べない
  • コンビニ支払いの手数料は2021年10月現在で一律税込み265円
  • 楽天ブックスでは全国どこでも送料無料なので、地方に住んでいる方も安心して利用出来る
  • コンビニ支払いの期日は「商品の保管期限」をチェックすることが大切
  • 利用出来るコンビニの中で、手続きが簡単でおすすめなコンビニは「ファミリーマート」
  • 予約した商品も「商品の保管期限」が支払いの期日
  • 「コンビニ店頭支払い」では現金のみ利用可能で、「コンビニ店頭受取」ではクレジットカードも利用が可能

楽天ブックスのコンビニ支払いについて詳しくご説明いたしましたが、私自身初めて知る情報がたくさんありました。

端末利用の方法やフラゲなど、コンビニ払いをしばらく利用していなかった間に、こんなにも進化したのだなあと驚きの連続でした。

コンビニ支払いは、様々なネットショップや公共料金の支払いにも使用されている、便利な支払い方法です。

ただし、手数料がかかることもあるため、ご利用の際はしっかりと確認してから手続きをすることをおすすめいたします。

今回の記事の内容が、あなたの役に立つことが出来たら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました