スポンサーリンク

エクセルで非表示の行や列が再表示できない場合の対処法を徹底解説!

仕事

エクセルで非表示の行や列が再表示できないとき、先頭の行や列が非表示になっている場合やシートに保護がかかっている場合などが考えられます。

この場合、基本の操作では再表示できないため、困ってしまうことがあるようです。

エクセルで作業をするとき、今は必要のない行や列を非表示にしたり、また再表示させたりすると表が見やすくなり便利ですよね。

私はこの「非表示/再表示」の機能を使い始めたとき、非表示にした後に再表示できない事態になり困った経験があります。

ここでは、非表示の行や列が再表示できない原因と、それに対応した解決策をご紹介していきます。

また、より便利にエクセルの非表示機能を使う方法もご紹介するので、エクセルで再表示ができなくて困っている方や効率よく非表示の機能を使いたい方はぜひ参考にして下さいね!

スポンサーリンク

エクセルで非表示にした行や列が再表示できない原因と改善策

エクセルで非表示にした行や列が再表示できないと困ってしまう主な原因のひとつが先頭の行や列が非表示になっている場合です。

私は非表示機能を頻繁に使って作業するので急に再表示できないとなると困りますし、作業が遅れて焦ってしまいます。

ここでは、なぜ非表示の行や列が再表示できなくなるのかを画像を交えて説明します。

まず、非表示になっている行や列を再表示する基本の操作は以下の通りです。

  1. 非表示になっている行や列の前後をドラッグして選択する
  2. 右クリックからメニューを開き、再表示をクリックする

では、先頭の行や列が非表示になっている場合はどうでしょうか。

この表では1~5行目が非表示になっていることがわかります。

この場合、一行目の前の行が存在しないので選択できず右クリックから再表示をクリックしても再表示はできません。

この場合は少し違う操作が必要になります。調べたところ、二通りのやり方を見つけたのでご紹介しますね。

先頭の行や列から全セル選択ボタンの境目までを選択する

まず、ひとつめが非表示になっている部分の後ろの行や列から全セル選択ボタンにかからないギリギリの境目までドラッグし、選択する方法です。

この表は1~5行目が非表示になっているので、6行目からその一つ上の全セル選択ボタンと列番号がある境目あたりまでドラッグして選択します。

この状態で右クリックから再表示をクリックすれば1~5行目が再表示できました。

ここで、左上の全セル選択ボタンの上で右クリックをしてしまうと表全体の選択になってしまうので注意してください。

この方法を試してみて、最初は全セル選択ボタンの上で右クリックをしてしまっていたようで何度も全選択になり手間取りました。

操作に慣れれば通常の方法と大きな変わりはないので簡単に再表示できるようになりますね!

非表示になっている行や列番号を名前ボックスに入力する

ふたつめは名前ボックスに表示させたい行や列の番号を入力する方法です。

この表は1~5行目が非表示になっているため、左上の名前ボックスに「1:5」と入力し、Enterキーを押すと1~5行目の非表示行が選択されます。

このまま画面上の「ホーム」タブ内にある「書式」をクリックしてメニューを開き、「非表示/再表示」から「行の再表示」をクリックすると1~5行目が再表示されます。

私はこの方法は少し手間に感じましたが、非表示の中でも再表示させたい部分だけを表示させることができるので使える方法だと思いました。

スポンサーリンク

解決しない場合はロックがかかっていない確認

前の章で解説した方法で再表示させようとしても再表示の文字が薄くなっていて選択できない場合はシートが保護されている可能性が高いです

「校閲」タブの「シートの保護」が「シート保護の解除」になっていればシートに保護がかかっています。

「シート保護の解除」をクリックすれば解除できますが、パスワードが必要な場合があるので注意してください。

私は人から引き継いだエクセルのデータがパスワード付きで保護されていて、パスワードを聞きにいかなければならなくなったことがありました。

ロックがかかっているということは見られたくないデータや書き換えられたくないデータの可能性があるのできちんと確認が必要ですね!

行や列を簡単に非表示にするショートカットキーをご紹介!

エクセルの行や列を非表示や再表示させる方法を前の章で解説しましたが、何度も非表示・再表示を繰り返す場合、マウスを使ってクリックする操作が手間になりますよね。

私はマウスの操作をやりすぎて手が痛くなってしまったことがよくありました。

その手間を少しでも少なくするための、便利なショートカットキーをご紹介します。

行や列を非表示にするショートカットキー

行の場合は、[Ctrl]+[9]キー
列の場合は、[Ctrl]+[0]キー

この時、必ず非表示にしたい行や列を選択してからショートカットキーを使ってください。

複数の行や列を選択するとまとめて非表示にすることもできます!

非表示の時と同じく、再表示させたい行や列の前後を選択してからショートカットキーを使ってください。

ショートカットキーを使うとマウスをクリックする回数を減らすことができ、作業を簡単に進められます。

私はショートカットキーが覚えられないのでずっと使わずに作業していたのですが、今回ショートカットキーを使ってみると今までよりずっと早く進められるので驚きました。

よく使う操作はショートカットキーを覚えて効率よくエクセルを使用できるといいですね!

非表示のままコピーしたいときは可視セルのみを選択する

エクセルの非表示機能について調べていると、データに非表示の部分がある場合、そのデータをコピーして貼り付ける時に問題が起こることがわかりました。

エクセルで、非表示にしたはずの行が、 そのエクセルデータ自体をコピペして使うときに勝手に再表示されてしまうのですがどうしたらいいのでしょうか、、

yahoo知恵袋

非表示にしたまま普通の方法でコピーすると非表示のところも一緒にコピペされてしまうのです。

2~6行目が非表示になっている表をこのままコピーして貼り付けてみます。

すると、非表示の所も一緒にコピーされてしまいました。これでは後から削除するのが大変ですよね。

見えているセルのことを可視セルと呼び、可視セルだけをコピーすれば見えている所だけコピーして貼り付けることができます。

まず、①コピーしたい範囲をドラッグして選択し、②「ホーム」タブをクリックします。

③「ホーム」タブ右端の「検索と選択」→④「条件を選択してジャンプ」をクリックします。

「選択オプション」のボックスが開くので、その中の「可視セル」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

これで今見えているセルだけが選択された状態になりました。

ここで「Ctrl」キー+「C」キーでコピーして貼り付ければ非表示のままコピーすることができました。

また、ショートカットキーを使って可視セルを選択することもできます。

可視セル選択ショートカットキー

「Alt」キー+「;」キー

「Alt」キー+「;」キーで可視セルを選択したうえで、「Ctrl」キー+「C」キーでコピーし、「Ctrl」キー+「V」キーで貼り付ければマウスでの操作を減らすことができます。

私は可視セルを選択するまでの操作が少し面倒だなと感じましたが、このショートカットキーを使えば時間短縮になりますよね!

ボタンのみで非表示と再表示を切り替えられるグループ化が便利!

ここまでエクセルでの非表示と再表示の方法を解説してきましたが、作業中に何度も非表示/再表示を繰り返す場合は少し操作が面倒だなと感じました。

その場合はグループ化して折りたたむ方法が有効です。この方法を使うと非表示になっている場所が分かりやすく、非表示/再表示の切り替えがスムーズにできます。

この表の2~6行目をグループ化して折りたたんでみましょう。

①折りたたみたい行を選択します。今回は2~6行目をドラッグして選択し、②「データ」タブを選択します。

③「データ」タブ内にある、「アウトライン」の中の「グループ化」をクリックします。

2~5行目がグループ化されました。左の「-」ボタンを押すと折りたたまれ非表示になります。

再表示させたい場合は「+」をクリックで再表示されます。

この方法を使うとマウスの操作やショートカットキーを使わなくてもボタン一つで切り替えられるのでとても便利だと感じました。

頻繁に非表示と再表示を切り替えなければいけない時はこの方法が便利ですね!

まとめ

  • エクセルで先頭の行や列が非表示になっていると基本の操作では再表示することができない。
  • 非表示の行や列を再表示させる基本の操作は非表示の前後の行や列をドラッグして選択し、右クリックから再表示を選択する。
  • 先頭の行や列が非表示の場合は後ろの行や列から全セル選択ボタンのギリギリの境目の所までドラッグして選択して再表示させる。
  • 非表示になっている行や列の番号を名前ボックスに入れて選択し、再表示させることもできる。
  • 再表示の操作をしてもメニューの「再表示」の文字色が薄く選択できない時はシートに保護がかかっている可能性がある。
  • 「校閲」タブから「シート保護の解除」をクリックすれば解除できるが、表の作成者がパスワードを設定している場合がある。
  • 非表示/再表示を切り替えるにはショートカットメニューを使うと効率よく作業できる。
  • 非表示の部分をコピーしたくない場合、可視セルを選択してコピーすれば見えているデータだけをコピペすることができる。
  • 非表示機能ではなく、グループ化して折りたためばボタンひとつで非表示と再表示を切り替えることができる。

今回は、エクセルで非表示の部分が再表示できない場合の原因と再表示のさせ方を解説しました。

作業中に再表示できないとなると焦ってしまいますが、ひとつずつ原因を確認していけばそれに合った対処法を取ることができますね。

少し手間に感じる操作もありましたが、ショートカットキーやグループ化などの機能を使えば時間を短縮でき、効率よく作業を進められることがわかりました。

非表示の機能はエクセルを使う上で便利な機能です。ぜひ、自分に合った方法を見つけて効率よくエクセルを使ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました