スポンサーリンク

エクセル再表示で1行目を作る3つの方法♪知っておくと便利で簡単

仕事

エクセルは仕事では欠かせないですし、プライベートなどでも家計簿に利用したりととても便利ですよね。

私も職場の会計係を担当しており、エクセルで物品購入などの記録をしているのですが計算もパッとしてくれてとても便利に活用しています。

そんなエクセルを利用していて、隠れた1行目を再表示するのに苦戦したことはありますか?

この記事ではエクセルで、隠れた1行目を再表示する方法をご紹介していきます。

1行目を再表示する方法は、A列を再表示する際にも同じ手順で行えますので是非覚えておいてください

再表示する前には非表示の設定をしているはずですので、非表示のやり方も一緒にご紹介していきます。

エクセルの色々な機能を覚えておくととても便利なので、是非やりやすい方法を覚えて試してみてください♪

スポンサーリンク

エクセルの再表示で1行目を簡単に出してみよう

エクセルはとても便利なソフトですが、こういうときどうしたら良いんだろう?と操作に困ることがたまにあります。

その1つが隠れた1行目を再表示することです。私も最初は1行目の再表示の仕方が分からず焦ってしまいました。

ですが分かればとても簡単ですのでご安心ください。

エクセルの1行目を簡単に再表示する方法をご紹介していきます。

ショートカットメニューで表示する方法
  1. マウスポインタ(矢印)を左上の全選択の部分と2行目の間に持ってくると「←→」が出てきます。
  2. そこで右クリックでショートカットメニューを表示させ「再表示」をクリックします。
ドラッグして表示する方法

操作手順は1つ目と途中まで同じで、「←→」が出てきたらそのまま下にドラッグさせます。その際は高さ18.75に設定しましょう。

全選択をして表示する方法

左上の全セル選択を押します。行番号の上で右クリックするとショートカットメニューが出るので「再表示」をクリックしましょう。

3つの操作ともとても簡単にできますね。

私も3つともやってみましたがどれも簡単にできました。

この方法を覚えておけば、仕事などで引き継いだエクセルの1行目が非表示になっていても慌てずにすみますね!

あなたも一番やりやすい方法を覚えておいて活用してみてください。

スポンサーリンク

エクセルの行を非表示にする方法をご紹介

先にエクセルの1行目を再表示する方法をご紹介しました。

再表示にするということは、その前に非表示にする操作をしているということですね。

エクセルの1行目を非表示にする2つの方法をご紹介していきますので是非覚えておいてください。

ショートカットメニューで非表示にする方法
  1. 左側の行番号1と2の間にマウスポインタを持ってきます。
  2. 上下の「←→」が出てきますので、右クリックしてショートカットメニューを出し、「非表示」をクリックします。
ドラッグして非表示にする方法

1つ目の手順と途中まで同じで、上下の「←→」がでてきたら上にドラッグすると1行目が非表示となります。

再表示にするときと同じで、非表示にする操作もとても簡単でした。

ドラッグするのが少し苦手な私でもできる方法があるのでエクセル作業が効率的にできそうです。

一つ覚えておけば非表示も再表示も簡単にできますので参考にしてみてください♪

エクセルの隠れた1行目が再表示できないときの対処法

目次1と2でエクセルの1行目を非表示、再表示する方法をご紹介しました。

ご紹介してきた方法は、ドラッグしたり右クリックでショートカットメニューを出して操作するものです。

これらの方法はマウスがあれば簡単にできますが、マウスを使わない場合には、マウスポインタを合わせるのが少し難しいですよね。

私は、短時間だけしかPC使わないときにはマウスを使わないことがよくあります。

マウスを取りに行くのが面倒くさいなぁ。

そのようなときには「ショートカットキー」を使うのが便利です。これならマウスがなくても簡単に操作できますよね。

「ショートカットキー」を使った再表示の方法をご紹介していきます。

名前ボックスを使った方法

左上にある名前ボックスに「A1」と入力し、「Enter」を押す。Ctrl+Shift+9を押す。

全選択を使う方法

左上の全セル選択を押す。シート全体がグレーになっているか確認。先ほどと同じように、Ctrl+Shift+9を押す。

この2つの方法で簡単に隠れた1行目を再表示することができます。

いろいろな「ショートカットキー」を覚えておくととても便利でエクセル作業がはかどりますよね。

私はいくつも覚えるのが苦手なので「ショートカットキー」をノートにまとめるのも良いかなと思います。

市販の本にもまとめられているものがあるので、そういった本を1冊持っておくのも良いですね!

エクセルで簡単にA列を再表示する方法は2つ

これまでエクセルの1行目行を非表示、再表示する方法をご紹介してきました。

これらの方法は、エクセルで隠れたA列を再表示するのにも使えますので活用してみてください。

ショートカットメニューで再表示する方法
  1. 左上の全セル選択を押す。
  2. シート全体がグレーになっているか確認する。
  3. 列番号の上のどこでも良いので右クリックしてショートカットメニューを表示し、「再表示」をクリックする。
ドラッグする方法

左上の全選択とB列の間にマウスポインタを持ってくると「←→」が出てくるので、右にドラッグする。この際は幅を8.38に合わせる。

1行目の再表示もA列の再表示も同じような手順で簡単にできますね。

私もいろいろな方法を覚えておいてエクセルをスムーズに使いこなせるようにしたいと思います。

エクセルの隠れた行や列を一括で再表示する方法

エクセルを使っていると1行目だけ非表示、A列だけ非表示されている場合以外にも、行や列がとびとびで非表示になっている場合もありますよね。

そのようなとき、非表示になっている行や列にその都度合わせて再表示にするのはとても面倒です。

非表示がいっぱいあって1つ1つ再表示にする操作をやっていたら気が遠くなってしまいそうです。

とびとびで非表示になっている行や列を一括で表示できる方法があるのでご紹介します。

隠れた行を一括表示
  1. 左上の全セル選択を押す。
  2. シート全体がグレーになっているか確認する。
  3. 行番号の上で右クリックし、ショートカットメニューの「再表示」をクリックする。
隠れた列を一括表示
  1. 左上の全セル選択を押す。
  2. シート全体がグレーになっているか確認する。
  3. 列番号の上で右クリックし、ショートカットメニューの「再表示」をクリックする。

とびとびで行や列が非表示になっていても簡単に一発で再表示させることができます。

マウスが近くにない場合には、全セル選択をする際にCtrl+Aを押すと簡単に全選択ができますのでお試しください♪

まとめ

  • 隠れた1行目を再表示するには、全選択と2行目の間にマウスポインタを合わせ「←→」の状態で下にドラッグする
  • ドラッグする方法を使う場合は高さを18.75にあわせる
  • 隠れた1行目を再表示するには、全選択を押し、Ctrl+Shift+9を押す
  • 隠れたA列を再表示するには、全選択を押し、列番号の上で右クリック、ショートカットメニューの「再表示」をクリックする
  • 行や列を非表示にするときは、再表示のときと同じようにドラッグする方法、ショートカットメニューから「非表示」をクリックする方法がある
  • とびとびの行や列を一括で再表示する方法は、全選択をして行番号や列番号の上で右クリック、ショートカットメニューの「再表示」をクリック
  • マウスを使わずに全選択をする場合は、Ctrl+Aで簡単にできる

仕事やプライベートで利用することが多いエクセルですが、便利な機能やショートカットキーなどを覚えておくとより効率的にエクセル作業を進めることができますね。

行や列を非表示、再表示する方法をいくつかご紹介してきましたので、是非やりやすい方法を覚えて使ってみてください♪

タイトルとURLをコピーしました