スポンサーリンク

仕事用のメールアドレスの作成例を紹介!決め方のポイントも徹底解説

仕事

仕事用のメールアドレスは会社名や個人名などを使って作成することがおすすめです!!

フリーランスや副業を始める人にとって、メールアドレスは相手とのやり取りで欠かせないアイテムです。

しかもパッとみただけで誰からのメールか分かる内容にすることが大切ですよね。

今回は、初めて仕事用のメールアドレスを作る人や副業やフリーランスを始める人に向けて、メールアドレスの作成例や決め方をご紹介します。

私も副業を始めたばかりなので、今はプライベート用のGmailアドレスを使用しています。

今のところ不便はありませんが、今後仕事が軌道に乗り、企業とやり取りすることになれば今回の作成例をもとに新しくアドレスを作ろうと思っています。

今回ご紹介する作成例やポイントが新しくメールアドレスを作りたい貴方の参考になれば嬉しいです!!

スポンサーリンク

仕事用のメールアドレスの作成例をご紹介

仕事用のメールアドレスを作る場合は、「会社名@〜」のように相手に見せても恥ずかしくないメールアドレスを作りましょう!!

プライベートでアドレスを作る場合は、好きなアーティストの名前を入れたり、自由に作りますよね。

私も、プライベート用のアドレスは覚えやすくて、入力しやすいアドレスにしています。

見るだけでクスッとしちゃうような遊び心のあるアドレスの友達もいます。

しかし、仕事用のメールアドレスとなるとイメージが異なります。

例えば「会社名@〜.com」のように会社の名前が入ったもは、目にしたことも多いのではないでしょうか。

この他にも、よく使われるパターンを紹介します。

  • 名前@~.com (例 taro@tanaka.com)
  • 苗字-名前@~.com (例 tanaka-taro@tanaka.com)
  • 役職@~.com (例 butyo@tanaka.com)
  • 役職+名前@~.com (例 butyotaro@tanaka.com)
  • 名前+職員番号@~.jp (例 taro2022@tanaka.com)

この他にも取引先相手からの信頼を得られるようなアドレスにすることが大切です。

大企業などは、上記のようなメールアドレスが割り振られていることが多いですよね。

これから副業を始めたり、フリーランスになる人は勤めていた会社のアドレスなども参考にすると良いかもしれません。

メールアドレスを作る時には使える記号が決まっている

メールアドレスを作る時には、いくつか注意することがあります。メールアドレスに使用できる記号は決められています。

基本的には、半角英数と「-(ハイフン)」、「_(アンダーバー)」、「.(ピリオド)」の3種類の記号です。

サービスによっては、「-(ハイフン)」しか使えないなど、使える記号が違う場合があるので、メールアドレス作成前に確認してください。

また、電話番号や住所などの自身の個人情報はメールアドレスには含めないようにしましょう。

覚えやすいかもしれませんが、仕事用のメールは外部の人向けなので個人情報の漏洩につながる場合もあるため、絶対にやめましょう。

他にも、10文字以上にしたり、英語・数字・記号を織り交ぜることで迷惑メールが届きにくくなります。

しかし、長すぎたり、複雑すぎたりするメールアドレスだと覚えづらくなるため注意が必要です。

私の勤務先でもセールスのメールや迷惑メールが届くことがあり、メールボックスの管理で時間を取られてしまうこともしばしばありました。

迷惑メールでメールボックスがいっぱいになっていると、必要なメールを見落とす可能性もあるので、いい塩梅が難しいところですね。

スポンサーリンク

仕事用メールアドレスの決め方はわかりやすいことが大切

仕事用のメールアドレスは、相手にとって「何を表しているか」が一目で伝わるようなアドレスにしましょう!

仕事をしていく上で第一印象って大切ですよね。フリーランスや副業を始めるに当たって、最初に目にすることが多いのがメールアドレスです。

特に、企業と直接契約したり、企業に直接営業のメールを送る場合は、メールアドレスによっては受信拒否されてしまうケースもあります。

私も勤め先に届くメールで、明らかに仕事に関係ないメールはアドレスを見て整理してました。メール整理の時間も節約したいですしね。

また、仕事用とプライベート用のアドレスを分けておくことで、仕事関係の重要なメールの見落とし防止につながります。

他にも、プライベートなメールを取引先に送ってしまう誤送信も防げるので、仕事用のメールアドレスにはたくさんのメリットがあります。

ただし、メールの誤字脱字までは防げないので、送信する前にはしっかり確認しましょう!!

メールアドレスには独自ドメインとフリーアドレスがある

ここで、メールアドレスの仕組みについて解説します。メールアドレスは大きく分けて「有料」と「無料」の2種類に分かれます。

有料:@以降の文字列が自由に作れる

無料:@以降の文字列は決まっている

メールアドレスは「taro@tanaka.com」のように@より前の文字、@以降の文字で分かれます。

この@より前の文字を「ユーザ名」、@より後の文字を「ドメイン名」と言い、この二つが合わさると「メールアドレス」になるのですね!

また、「ドメイン」とは、ホームページなどのインターネット上の住所を表し、WebサイトのURLの一部に使われています。

有料で作るアドレスは、@以降が自由に設定できます。これを「独自ドメイン」と呼びます。

有料で作る独自ドメインのメールアドレスは、Webサイト上に自分の家を買っている状態をイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

一方、無料で作るアドレスは「フリーアドレス」と呼ばれ、@以降の文字は決まっています。

よく使われているものでいえば、GoogleのGmailやYahoo!のYahoo!メールなどが無料のメールアドレスですね。

私は普段から無料のフリーアドレスかiPhoneのメールしか使わないので、副業が軌道に乗ったら独自ドメインのアドレスを作ってみたくなりました!!

独自ドメインのメリットと取得方法について徹底解説

独自ドメインでメールアドレスを作ると、次のようなメリットがあります。

  • 自身のWebサイトとの紐付けができる
  • 使用しているメールサービスのサービス終了で使えなくなる心配が少ない
  • 複数のメールアドレスを作成できる

上記のようなメリットは、仕事で企業とやり取りする上で非常に便利です。それぞれの詳細について解説します。

最近では10分で独自ドメインを取得できるサービスもあるようなので、やってしまえばすぐに取得できそうですね!!

私も、手間がかかることはどうしても後回しにしがちなタイプなため、作ると決めたらこういうサービスを利用したいと思います。

自身のWebサイトとの紐付けができる

独自ドメインで作ったメールアドレスは、@以降の文字列を自由に作成できます。

そのため、もし自身のWebサイトがあれば@以降の文字列と同じにできます。

例:WebサイトURL https://www.tanaka.com

メールアドレス:taro@tanaka.com

このように、メールを受信した相手はどこのWebサイトからメールが送られてきたかが分かり、安心してメールを開けます。

また、メールアドレスにコストをかけているということがプロとして活動しているという印象を与えやすく、イメージアップに繋がります。

仕事用で使う場合は、ドメイン名を会社名などにしておくとより信頼度が増えるのでおすすめです。

確かに、少しのことでもお金をかけているというと、仕事に対する本気度が垣間見えますよね。

少しのコストで私自身のイメージアップにもつながるので、フリーランスを目指す場合は作らないと損だと思いました!

サービスの終了でメールが使えなくなる心配が少ない

有料の独自ドメインで作成したメールアドレスについては、サービス終了の心配がないので、更新すれば使い続けられます。

一方、無料で使えるGmailやYahoo!メールは、突然サービス終了になる可能性があり、独自ドメインのメールアドレスと比べると少しリスクがあります。

プライベート用のメールアドレスならまだしも、仕事用のメールアドレスが急に使えなくなったなどということがあったらとても大変ですよね。

そのため、仕事用のメールアドレスは少しコストをかけてでも独自ドメインにすることがおすすめされています。

ただし、企業と直接契約せず、クラウドワークスやランサーズといったサービスを使うことを想定している場合は、無料のメールアドレスでも問題ありません。

更新さえ忘れなければずっと使い続けられるので、長く使いたい場合には安心ですね。

私にとって、アドレス変更のお知らせや利用しているサービスの登録変更などメールアドレスの変更は、めんどくさい作業トップ3に入るくらい手間がかかるため苦手です。

その手間が発生しなくなるというだけでも、とても魅力的です!!

複数のメールアドレスを作成できて管理しやすい

フリーランスになってしばらく経つと、営業用や問い合わせ用などでメールアドレスが複数あると便利に感じることもあるかと思います。

他にも、会社を企業して社員が増えたためそれぞれにメールアドレスを作りたい場合も出てくると思います。

そんなとき、独自ドメインでメールアドレスを作成していれば、契約するレンタルサーバーによっては、複数のメールアドレスを作成できます。

無料のフリーメールの場合は、アカウントの作成に電話番号などが必要になるため、複数のメールアドレスの作成は難しくなります。

また、独自ドメインでも契約プランやサーバーによっては、複数メールアドレスの作成ができない場合があるので、事前によく確認しておきましょう。

メールアドレスの使い分けができれば、メールの管理も楽ですね。

私は忙しくなるとメールを整理する時間ももったいなく感じるので、複数アドレスは便利に感じますね。

特に一人でやっている場合は、メール管理よりも本業に集中したいのでタスクが減ることはとてもメリットが大きいと思います。

独自ドメインのメールアドレスの作り方をご紹介

独自ドメインの取得方法は次のようになります。

  1. 契約するドメイン取得サービスを決める
    「バリュードメイン」や「ムームードメイン」など契約するドメイン取得サービスを決めましょう。
  2. ドメイン名を決める
  3. ドメイン名が使えるか確認する
    すでに登録されているドメイン名は使用できません。使用できない場合は、ドメイン名を少し変更するなどして再度確認してみてください。
  4. ドメインの申し込み手続きをする
    氏名などの情報を登録したら独自ドメインの登録が完了します。

独自ドメインを設定する場合は、料金が発生するので契約前に内容をよく確認してください。

どのドメイン取得サービスがいいか迷ったときは、比較サイト等で検討すると良さそうですね。

また、独自ドメインを作成した場合、契約の更新が必要になります。更新しない状態だと、メールアドレスが使えなくなるので気をつけてください。

契約の更新についてはお知らせのメールが届くようなので、見落とさないようにしないといけませんね。

私も重要なメールを見落としてしまい困った経験があるので、見つけたらすぐに手続きをするのがおすすめです。

Gmailで簡単にメールアドレスを作ろう

実際にGoogle社が提供しているGmailでメールアドレスを作ってみました。簡単ですので初めてメールアドレスを作る人は、ぜひ参考にしてください。

まずは、Googleアカウントを作ります。

Google

姓・名は本名を入力します。ユーザ名となっているところに入力した文字列がGmailの@より前の文字列になります。

その後、パスワードを決めて入力し「次へ」をクリックします。

ここでは、電話番号や再設定用のメールアドレス、生年月日などを入力します。

電話番号や再設定用のメールアドレスは入力しなくとも、Googleアカウントの作成はできます。

しかし、パスワードを忘れた場合や、アカウントの乗っ取りがあった場合に対処できるので、入力することをおすすめします。

ここでの電話番号は、SMS(ショートメッセージサービス)に認証コードが送られてくるため、SMSが受信できるスマートフォンの番号がおすすめです。

この後、登録した電話番号宛にSMSで認証コードが届きます。

認証コードを入力画面に入力したら、Googleアカウントの設定は完了となります。

Gmailについては、Googleのトップページ右上にあるメニューから確認ができるので、Googleアカウントを作成したら必ず確認しましょう。

初めて設定するときは、なかなかめんどくさいと思ってしまうこともありますが、やってみると驚くほど簡単です!!

副業初心者の方であれば無料のメールアドレスからで十分ですので、まずはとにかくやってみましょう。

私もプライベート用で作ったときに、こんなに簡単に作れてしまうのだと感心しました。

Googleの場合は、アカウント登録すると副業などに使える便利な機能もたくさん使えるので、とてもおすすめです!!

まとめ

  • 仕事用のメールアドレスは、会社名@~.comなど相手に見せても恥ずかしくないメールアドレスにする
  • メールアドレスの作成例として、会社名や名前、役職+名前など複数のパターンがある
  • メールアドレスを作る場合には、基本的に「-」「_」「.」の3つの記号しか使えない
  • 仕事用のメールアドレスは、相手にとって何を表現しているかがわかるものが良い
  • メールアドレスは「ユーザ名@ドメイン名」の組み合わせでできており、コストをかければ@以降のドメイン名を自由に設定できる
  • 独自ドメインでメールアドレスを作ることはメリットが多い
  • 独自ドメインのメールアドレスは契約するサービスにより料金も変わるため、比較サイト等で検討すると良い
  • Gmailでのメールアドレスは簡単に作れるため、副業初心者にもおすすめ

最近、副業やフリーランスが話題になり、やってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

私も最近副業を始めましたが、とにかくやってみることが重要だと実感しています。

まずは、仕事用のメールアドレスを作って、副業やフリーランスへの第一歩を踏み出しましょう!!

タイトルとURLをコピーしました