コミュニケーション能力を鍛える会話練習アプリを徹底検証!コミュ力の高い人の特徴や英語を鍛える方法についてて詳しくご紹介!

仕事
スポンサーリンク

あなたは会話力に自信がありますか?学校や会社、地域の中でもコミュニケーション能力は必要ですよね。

私はあまり面識のない人との会話が得意ではありませんので、緊張せずに誰とでも会話を楽しめるようになりたいと思っています。

会話や雑談のレクチャー本を5冊以上読んだ経験から、上達するには語彙力アップと練習、そして思いやりが必要だと感じていました。

毎日の隙間時間に練習できるアプリがあればと思って探したところ、会話の練習になるアプリを見つけました。

アプリで練習をすることによって友達や仕事関係、ご近所付き合い、就職活動など、様々な場面で役立つスキルを身につけられることが期待できます。

もしあなたも会話を苦手と感じていましたら、ご紹介するアプリを参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コミュニケーション能力を高める会話練習アプリ3つを実際に体験してみた!!

はじめに、今のあなたのコミュニケーション能力レベルを知ることができるアプリをご紹介します。

次に、自分の声がどのように聞こえているのかを判断してもらうアプリを使って発声の練習をします。

最後に、すらすらと言葉が出てくるように語彙力を鍛えるアプリでインプットしていきます。

これらは全て無料のアプリです。私は実際に試して、思いもよらない気づきを得ることができました。

それでは、3つのアプリの詳細をご紹介していきますね。

 

コミュ力診断テスト


引用 開発元公式サイトTestii

こちらのアプリでは、主に以下のことを知ることができます。心理テストのような感覚で楽しくトライできました。

  • 質問に答えてコミュニケーション能力の点数を知ることができる
  • 話す力、ユーモア―、協調性、雑談力、聴く力のバランスが分かる。

私のコミュ力診断テストの結果は58点でした。平均点のコミュ力の持ち主だそうです。

そして協調性、話す力、ユーモア、雑談力、聴く力の順にスコアが低くなりました。

聴く力が一番低いスコアだったことにとても驚きました。私は普段、相手の話をよく聴いているつもりだったからです。

私が読んだ会話力のレクチャー本の中で、コミュニケーションには「聴く力が8割、話す力が2割必要」と書かれていました。

自分ばかり話すのではなく、相手の話をよく聴いて相づちをうったり質問をしたりすることが良いコミュニケーションの方法の一つということを思い出しました。

私の場合は、相手の話をよく聴くことがコミュニケーション能力を鍛える第一歩のようです。

あなたも、良い結果は自信に繫げ悪い結果は気を付けていこうという占い感覚で体験してみるのも面白かもしれません。

 

想いやりトーク


引用 株式会社オトデザイナーズ

素敵なネーミングのアプリだと思いませんか?私は実際に試して、このネーミングはとても深いなあと思いました。

練習することによって期待できる効果は以下の通りです。遊び感覚で取り組むことができましたよ♪

  • どの世代にも伝わる話し方ができるようになる
  • 自然に思いやりの心で話せるようになる
  • 発声がよくなる

実は、こちらは無自覚難聴の方々に聞き取りやすい話し方をするための練習アプリです。シニア世代や40代の半分以上が無自覚難聴になっている可能性があるそうです。

40代の私は子供たちと会話をしている時、よく子供の言葉を聞き返していることに気づきました。

そこで、こちらのアプリを子供達にも試してもらいたいと思い、家族でトライしてみました。

まずは私からです。アプリ内からお題の一言を選択して自分の声を録音します。数秒で出た結果が「自己チューレベル」だったことに大変驚きました。

診断結果が出たら、話すスピードや話し方のアドバイスを見ることができます。また、自分の声がシニア世代にどう聞こえているのかも確認できます。

そして、声優さんのお手本を聞いて練習し納得いく結果が出るまでチャレンジできます。

私は2回目も「自己チューレベル」で、3回目でようやく「笑顔レベル」になりました。ゆっくりはきはきと話すことがポイントのようです。

思いやりとは、どの世代の方にも伝わるように話すということなのですね。

この視点は当たり前ですが、私の中では意識できていなかったのでとても良い気づきを得ることができました。

続いて主人です。男性は声がこもりがちなので、強く意識をしないと難しいように思います。

主人も私と同じで、「自己チューレベル」から3回目で「笑顔レベル」になりました。

そして高校生の娘です。恥ずかしがって真面目にやってもらえなかったからか「横着レベル」でした。

私は横着という言葉に衝撃を受けました。これでは、娘が話している相手に与える印象は悪いものですよね。聞き取れないレベルの話ではありません。

2回目は「自己チューレベル」でした。宿題中でしたので、娘にはご機嫌の時にまたトライしてもらうことにしました。

最後に中学生の息子です。彼は2回続けて「自己チューレベル」でした。

声が低くてこもりがちなので、聞き取りやすい話し方ができるようになるには練習が必要そうです。

家族みんなが経験した「自己チューレベル」は、話し方が速すぎるという診断でした。

どの世代の方々とも心地よい会話でコミュニケーションを円滑にするためには、思いやりの話し方が大切だと学ぶことができました。

アプリを家族で経験して、私は子供たちにも積極的に練習してほしいアプリだと思いました。

何故なら、中学校では職場体験という授業があり、先生が子供たちに電話対応の練習をしてくださったという話を思い出したからです。

班に分かれて実際に協力をしていただける企業や学校、飲食店、スーパー、美容室など様々な職場に2日間ほどお世話になります。

体験の前に班の代表の生徒がお世話になる職場に電話をして、挨拶に伺う日時等を決めたりするのですが、たいていの生徒がもごもご話すようなのです。

防犯対策の面から、多くの生徒が家の電話に出ないようにと育てられてきたこともあって、まずは電話に苦手意識があります。

また、緊張から声が小さく速く話す生徒が多いそうです。私の子供たちも電話が苦手です。

会話練習アプリで自分の話し方を伝わる話し方に変えることができたら、意思疎通を円滑に行えるようになると思います。

そのようにしたら相手が見えない電話も怖くないですよね。

また、「多くの新入社員が会社の電話に出ることを怖いと感じている」というニュースを聞いたことがあります。

新入社員研修で電話の取り方や話し方も習っていると思いますが、子供時代から苦手意識をなくせたら良いなと思いました。

すでに、こちらのアプリで効果を得たという動画がアプリ内で紹介されていました。

実際に飲食店のアルバイトの方が使って、接客業に生かしたという興味深い体験談です。

お会計の説明をお客様にはっきり伝えることができないとトラブルになりかねない現状があります。

そこでこのアプリを使って練習したところ、話が伝わりやすくなりコミュニケーションが上手くいくようになったそうです。

さらに、2018年度のデータですが「新卒採用に関するアンケート調査結果」の中に以下のような情報があります。

(4) 選考にあたって特に重視した点
「コミュニケーション能力」が第 1 位(16 年連続)、「主体性」が第2位(10
年連続)となった。「チャレンジ精神」は、前年に比べて 2.8 ポイント低下した
ものの、3年連続で第3位となった。

引用 日本経済団体連合会

子供の頃から思いやりのある話し方をすることで、意思疎通のできるスキルを自然に身につけられたら、就職活動で慌てることもなさそうですね

コミュニケーション能力にゴールはありません。

練習をすることで、もともとコミュニケーションが得意な人はさらに磨きをかけられるでしょう。

コミュニケーション能力はどの世代にも必要で、優しい社会になるツールだと思いました。

 

大人の語彙力


引用 nullhouseアプリ一覧

言葉がすらすら出てくるためには語彙力が必要です。

小説や映画、ドラマなどからもたくさんの魅力的な言葉や面白いフレーズをインプットすることができます。

しかし時間のない方は、こちらのアプリでも語彙力をアップすることが期待できます。

クイズ感覚で楽しくできるアプリです。以下に主な特徴をまとめました。

  • 1回5問なので隙間時間に語彙力のトレーニングができる
  • 詳しい解説を見ることができる
  • 納得できるまで何度もリトライできる

あなたは「ひねもす」の漢字と意味や「役不足と力不足の違い」を説明できますか?

分かっているようで、いざ説明するとなると難しい四字熟語の問題などが充実しているアプリです。

たくさんの言葉を知ることで、語彙力を鍛えるだけでなく、少し賢くなった気持ちになれます!

ご興味がありましたら、隙間時間にトライしてみてくださいね。

以上会話の練習になる3つのアプリをご紹介しました。

 

 

スポンサーリンク

トーク力を鍛えるなら無料アプリがおすすめ

会話の練習をインプットしながら次はアウトプットも必要です。実際の会話の中で練習した話し方や語彙を使っていきましょう。

しかし、もっと実践的なアウトプットをしたい方もいらっしゃると思います。

私は今まで知りませんでしたが、ユーチューブの音声バージョンのような存在でユーザー数が増えているラジオ配信を見つけました。

声のみでラジオ配信できる無料アプリです。アウトプットすることによって、会話力、雑談力、コミュニケーション能力アップに期待が持てます。

では早速3つのアプリをご紹介しますね。なお、2021年6月現在の情報です。

アプリは無料ですが使用していく中でお金が発生する場合もありますので、ご利用の際は利用規約をご確認ください。

  • Spoon(13歳以上)
  • Radiotalk(17歳以上)
  • HAKUNA(13歳以上18歳未満は保護者の同意が必要)

 

Spoon


引用 Spoon公式HP

2016年に韓国でリリースされ、2018年に日本でサービスが開始されました。

韓国や日本、インドネシア、ベトナム、サウジアラビア、アメリカ等の世界各国で数千万人の人々が利用しています。

  • 顔出し不要で生配信と音声録音どちらも可能
  • 配信中、チャットでコミュニケーションを楽しめる
  • 1対1のコラボから4人のゲストと一緒に最大5人で配信できる
  • 1回につき最大2時間まで配信可能
  • リスナーとして楽しむこともできる

はじめは勇気がいるかもしれませんが、声のみなのでユーチューブよりもハードルが低そうです。

配信中はリスナーの方のチャットを見ることができるので、一人でも会話の練習になりますね。

またコラボ機能があるので、配信を続けていく中で気の合う友達ができればリアルに会話を楽しむことがことができます。

万が一心地よくない結果になったとしても、アプリをやめればいいと思うと気楽にチャレンジできますね。

コミュニケーション能力アップの他に、アナウンサーやラジオパーソナリティなど声のお仕事を目指している方にとっても練習になるアプリだと思いました。

 

Radiotalk


引用 Radiotalk公式HP

2019年に設立されたRadiotalk株式会社が提供するアプリです。2017年8月からRadiotalkのサービスは開始され、コアなファンがいることが特徴の一つです。

  • 顔出し不要で声のみの配信(MAX12分)
  • ライブ配信ではなく収録型限定
  • 声の高さや速さ等を加工できる音声編集機能がある
  • リスナーとしても楽しむことができる

他のアプリよりも聴かせることに特化したアプリのように感じました。

リスナーとしては、配信時間が12分なのでアイロンや、洗濯ものを干しながらといった家事の時に聴くのにちょうど良い時間枠ですね。

 

HAKUNA


引用 HAKUNA公式HP

2019年に本格的に日本でのサービスが開始されました。もともと海外でリリースされており、2019年時点に全世界で200万ダウンロードを達成していました。

  • 顔出し配信と声のみ配信のどちらも可能
  • いつでも顔出しと声のみのモードを変えらる
  • ゲストとして参加したり、ゲストを招いたりして複数で配信できる
  • リスナーとしても楽しむことができる
  • チームHAKUNAが24時間体制で配信を監視している

HAKUNAの大きな特徴は顔出し配信ができるところですね。もちろん声のみの配信も可能です。

他のアプリに比べてまだ日本での知名度やユーザーが少ない傾向にあるので、人気になり活躍できる可能性が高いです。

以上、話す練習ができる配信アプリ3つをご紹介しました。

ユーチューブより匿名性が高いので、ご興味のある方は気軽にチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

会話練習アプリを使って一人でするメリット

ご紹介したアプリを使って一人で練習をしていくと、数々のメリットが考えられます。

一人で練習しても意味があるのかな?と疑問を感じるかもしれませんがそんなことはありません。

一人で練習するからこそのメリットが見えてきましたのでご紹介いたします。

 

語彙が増えてくると表現力が豊かになり伝える力が身につく

表現力が鍛えられれば、自分の話したいことが相手にきちんと伝わります。

発声の練習は自分を見つめ直す良い機会になるでしょう。思いやりの話し方ができるようになり、相手の話もよく聴くことができるようになります。

また日本語は1つの意味でも様々な言葉があります。語彙力が増えるとその人の立場や関係性で言葉を選べるようになるので考えて話せるようになりますよ。

私は語彙力がなくて単調な言葉ばかりのときがありました。そのため上司や部下、同僚などいろいろな年代の方と話すようになって言葉の使い方が身につきました。

語彙力は伝える力としてはとても大きな要素の一つですね。

 

はきはきと話して鍛えることで表情筋がつき顔の印象がよくなる

表情の豊かさも良いコミュニケーションに繋がりますよね!実際の会話でアウトプットしていくと、頭の回転が速くなりすらすらと言葉がでてくるようになります。

話し方に自信がないと声の音量が小さくなり、ぼそぼそと聞こえにくくなって相手にも伝わりにくくなりますよね。

私は声が大きい方なので元々はっきりした話し方をしているのですが、元気な印象があるようです。

はっきり話すことで自信があるように受け取れますし、自然と明るい表情にもなりますね。

 

コミュニケーション能力は遺伝や育った環境だけでなくいつでも鍛えることができる

練習アプリは隙間時間に短時間でできるので、三日坊主にならず続けやすいですね。

会話の練習は1人ではできないと思っていましたが、様々な方法があり可能であることが分かりました。

私はもっと色々なシチュエーションに対応した会話を知りたくなりました。そしてすぐに実践で使えるようなアプリがないかを調べてみました。

例えば、朝のゴミ出しの時にご近所さんに会った時の会話です。

私は挨拶とお天気の話で終わってしまうので、プラスアルファ何かお話ができたら良いなあと常々思っています。

また、子供の学校の保護者会で初対面の人とお話をする時です。特に4月は保護者会の後に茶話会があり、保護者同士の交流の場があります。

このような日常の何気ない会話を練習できるアプリを探してみましたが、残念ながらありませんでした。

ですが、今回紹介したアプリを活用して語彙を鍛えたり、聴く力を身につければ自分の言葉にも自信が付き、自然と言葉が出てきそうですね♪

失敗を恐れず練習をしていくうちに言葉がすらすら出てくることを信じて、インプットとアウトプットを続けていこうと思います。

 

コミュニケーション能力を高めるおすすめの本

コミュニケーション能力を高める方法としてアプリをご紹介いたしましたが、本でも学ぶことができます。

こちらは70万部も読まれている大ベストセラーの本です。

話すチカラはスキルではなくメンタルであることを訴求している本になります。

芸能人のYoutubeやテレビでも紹介されるほどの話題書ですので本から学びたいと考えている方はおすすめです。

 

 

会話練習アプリだけでなく英語サービスを利用してみよう

こちらでは番外編として、おすすめの英語の会話練習アプリを1つご紹介します。

Cakekというアプリをご存知ですか?Cakekは無料とは思えない充実した内容になっています。特徴を以下にまとめました。

  • ネイティブがよく使う表現を豊富な動画で学ぶことができる
  • 字幕を隠すことができる
  • 再生速度を変更できる
  • AIスピーチ認識機能を使って発音のテストができる
  • 隙間時間でできる。
  • 広告がないので使いやすい

英語教育は小学校から始まるようになりましたね。就職活動の際、一部の企業では留学経験や英語でのコミュニケーション能力も問われる時代になりました。

私は英語が得意ではありません。そこで、子供達には早いうちから英語を好きになってもらおうと色々試してきました。

英語の教材を購入したりネイティブの先生の英会話教室に通ったりと、かかった費用を計算するのが怖いくらいです。

教材や英会話教室を通して英語を好きになったり、得意になったお友達はたくさんいます。

しかし、我が家は得意になっていません。教材も英会話教室で習ったことも、その場限りになり、日々家で続けることができなかったからです。

私自身、家で英語に触れる環境を作るのが面倒くさくなってしまったという反省点もあります。

ですが、何歳からでも勉強はできますよね。大人でもそうです。

塾や部活に忙しい中高生、そして大学生には短時間で英語に触れられるCakeのアプリは良いと思います。

毎日行うことでリスニングとスピーキング力がアップし、英語の表現力が高まるでしょう。

大人でも隙間時間に楽しめるアプリです。私は、モンスターズインクとニモの動画で会話練習をしました。

ストレスなく使える英語のアプリでしたので、会話練習アプリと一緒に続けることにしました。

あなたも英語のコミュニケーション能力アップをお考えでしたら、おすすめのアプリです。

 

 

コミュニケーション能力とは

私達が対人関係で必須となるコミュニケーション。コミュニケーション能力といってもどういったものか考えたことはありますか?

私は話すのは好きですがコミュニケーション能力とおしゃべりすることは別物であることが調べていくとわかりました。

ではコミュニケーション能力について詳しくご紹介いたします。

 

コミュニケーションとは対人関係で情報共有したり意思疎通すること

コミュニケーションをとるということは相手に自分が思っていることや考えをどれだけ上手に伝えるかを意識してしまいがちです。

ですが、伝えることと受け取ること双方向が大事であることを認識しましょう。

つまりあなたが考えていることを伝えることはもちろん、相手からの情報もどれだけ正確に受け取るかが重要になります。

私は話すのは好きですが正直聴くのは苦手です。なので勘違いして受け取ることもしばしばあります。

私のような方は聞く力、読み解く力を鍛える必要があります。

あなたは伝える力と受け取る力、どちらが苦手か一度考えてみてもいいかもしれません。

 

コミュニケーション能力が高い人の特徴

あなたの周りにもコミュニケーションがとても上手な方がいらっしゃいませんか。

聞き上手で話し上手な人は必ず一人はいますよね。

そういう方はピンポンルールという特徴があることが研究で明らかになっています。

1人対1人で話す時に、話す時間を4~6割で話し合うと会話が弾むというものです。

例えば私が4に対して相手は6くらいで話すというものになります。

このバランスを取るのが上手な方がコミュニケーションが高い人だと言われています。

ぜひあなたも普段の会話で話す割合をちょっと見直してみてください。

 

 

まとめ

  • 会話練習のおすすめアプリはコミュ力診断テスト、想いやりトーク、大人の語彙力
  • 発声の練習をすることによってどの世代の人にも伝わる話し方ができるようになる
  • 表情筋が鍛えられて良いコミュニケーションに繋がる
  • 語彙力を増やすと表現力が豊かになる
  • 音声配信できるおすすめのアプリはSpoon、Radiotalk、HAKUNA
  • 配信することで会話力が鍛えられ自信がつく
  • 実際の会話でアウトプットをしていく
  • コミュニケーション能力にゴールはない
  • 英語バージョンのおすすめのアプリはCake
  • 隙間時間にできるアプリは楽しく続けられる
  • コミュニケーション能力とは話す力と相手の伝えたい情報を受け取る力のことを指す
  • コミュニケーション能力の高い人はピンポンルールがうまい

会話の練習をすることによって、様々な場面でリラックスをして楽しい時間を過ごしたり最高のパフォーマンスができたりします。

また、色々な年代の方たちと良いコミュニケーションをとることができます。

子どものころからコミュニケーション能力を楽しんで鍛えることができたら良いですね。

私は相手の話をよく聴いて、相手に伝わる思いやりの話し方ができるように意識していきたいです。

会話の練習ができるアプリは様々な種類があるので、あなたに合ったアプリを利用し、コミュニケーション力のアップに繋がれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました