スポンサーリンク

会社を辞めても一生食べていける資格は何?おすすめの資格6選を紹介

仕事

「会社を辞めても一生食べていける資格」はないだろうか、そう思ったことはありませんか?

結論から言うとそのような補償がある資格はありません。

ただ、一生働いていける、転職がしやすい、今までより稼げるようになる、そんな手助けになる資格はあります。

私も、「会社を辞めたい、でも辞めたら食べていけない」そんな自問自答を繰り返し、一生食べていける資格がないか検索したことがあります。

今回はどのような資格が「会社を辞めても一生食べていける資格」に値するのか、資格取得への近道はあるのか徹底調査しました。

私も今回の記事を書き終えて、資格の勉強をしようかなという気になりました。

「会社を辞めても一生食べていける資格」と言えるくらいの自分の強みにもなる資格を手にいれてみませんか?

スポンサーリンク

会社を辞めても一生食べていける資格を選ぶポイントは?

資格は、国家資格から民間の資格まで多種多様あり、難易度も様々です。

私も資格を取りたいと思い調べましたが、何千種類という資格があり、いったいどれがこの先役に立つものなのか検討もつきませんでした。

どのような資格が今後自分の役に立つのかは、将来のビジョンや自分が何をしたいのかを知らなければたどりつけませんね。

まずは、どのような資格が一生食べていく上で役立つ資格なのか、選ぶポイントを紹介します。

高齢になっても働ける職業につながる資格を選ぶ

最近では、下記の年金の受給年齢引き上げなどの影響もあり定年後も働く方が多く見受けられるようになりました。

(前略)平成12年の法律改正で、老齢厚生年金の支給開始年齢が、それまでの60歳から65歳に引き上げられることになりました。(後略)

厚生労働省

定年退職後働く場合、下記3パターンから働き方を選択することになります。

  1. 勤務している会社での継続雇用制度を利用する
  2. 職探しを行い、新しい職場へ再就職する
  3. 自分で起業する

しかし厚生労働省によると、1番の継続雇用制度においては65歳以上を超えて働ける企業は2割程度と少なく、65歳以上も働く場合は新たに職を探さなければいけません。

職探しを65歳以上でもしなければならないのかと、ため息が出ましたが、先のことを考えなければいけないなと改めて感じました。

高齢になった時のことも考えて、検討してみるのも重要なポイントと言えますね。

再就職や転職の際にアピールできる資格を選ぶ

会社を辞めても次の職が決まらなければ食べていけません。

資格があると、再就職や転職する際の強みにもなりますし、持っていることで資格手当がつく場合もありますので収入アップにもつながります。

自分のスキルと資格を組み合わせることで、さらに再就職や転職する際の合格率もあがる可能性が高まります。

資格は、面接の際にも能力を証明するものになるので、採用する側にとっても安心材料になりますよね。

私は、履歴書に書く資格が普通自動車免許くらいしかなかったので、何か書ける資格があると箔がつくのになと就職活動の時に感じました。

なかなか、自分を面接だけで表現するのは難しいところがありますので、資格をプラスできるといいですよね。

独占資格や必置資格など需要の高い資格を選ぶ

文部科学省によると国家資格は法律の規制により次の4つに分類されます。

業務独占資格

資格を持つ者以外は携わることを禁じられており、業務を独占的に行うことができる資格
税理士、弁護士、司法書士、社会保険労務士、公認会計士など

名称独占資格

資格を持つ者以外はその名称を名乗ることを認められていない資格
保育士、マンション管理士、栄養士など

設置義務資格

特定の事業を行う際に設置が法律で義務づけられている資格
電気主任技術者(第3種)、登録販売者、衛生管理者など

技能検定

技能の習得レベルを評価する国家検定で、合格すれば技能士と名乗ることができる
造園工事作業者、プレス金型製作作業者など

業務独占資格は資格必須となるのでその職に就く場合は資格取得を避けては通れませんし、名称独占資格はその職業で働くならば資格がないと名乗れません。

設置義務資格も関連する会社には、資格を持つ者を配置しておかなければならない決まりがあるので、どの資格もなくてはならない、需要が高い資格と言えます。

こういった資格をとることは、転職や独立して働く上でも関係してくることが多いので、取得していると役立ちます。

私も弁護士などは資格がないといけないことは知っていましたが、資格にこういう区分けがあるとは知りませんでした。

この区分を知っておくだけでも、数ある資格から一生食べていける助けになるものを選ぶ重要ポイントとなりますね。

スポンサーリンク

40代からでも遅くない!老後を見据えた資格

会社を辞めても一生食べていくには、高齢になっても働ける職業につながる資格が役にたちます。

40代から転職しても、長く働けるのであれば遅いことはありません。

むしろ、老後を見据えた早いスタートとも言えますね。

私も、年齢を重ねるにつれ老後を考えるようになり、早いうちに将来のビジョンをもって動くことは大切だと感じるようになりました。

高齢になり、体力がおちても働けるという点も考えて、2つの資格を紹介します。

今回紹介する資格は、ユーキャンのサイトを参考に情報をまとめてみました。

マンション管理士は難易度が高いが需要も高い

マンション管理士は、「不動産三冠資格」とも呼ばれるほど、不動産関係の資格の中では有名な資格です。

難易度は高い資格にはなりますが、マンション増加の傾向にある都市部などではマンション管理士の需要が見込めます。

マンションで住み込みの管理人をしたり、マンション管理会社で働く際などに資格が役にたつでしょう。

マンション管理士国家資格
仕事内容マンションの管理組合に対して、運営や建物の問題などに、
専門的な知識をもって助言や指導を行う
受験資格不問
試験日年1回
受験料9,400円(2022年3月現在)
合格率8.6%(2020年度)

かなり難関な資格ではありますが、マンション管理士は資格をもっていないとその名称を名乗れない名称独占資格でもあります。

例えば自分がマンションを購入し、運営していく場合などにも役立ちますので資格取得目指してみるのもいいかもしれませんね。

私は合格率の低さにたじろぎましたが、役立つ資格は難関であるほど持っている人が少ないということなのでその分需要も高いのでしょう。

宅地建物取引士は不動産関係の3大資格の1つ

宅地建物取引士は「宅建」とも呼ばれる、マンション管理士・管理業務主任者とならび不動産三冠資格とも言われている需要の多い資格です。

宅地建物取引士国家資格
仕事内容不動産取引の際に、重要事項の説明を行い、契約をとりまとめるなど、
お客様が損害を被らないようサポートする
受験資格不問
試験日年1回
受験料7,000円(2022年3月現在)
合格率13〜17%(2020年度)

宅地建物取引士は業務独占資格でもあり、資格を持っていないと下記の業務はおこなえません。

(前略)(1)重要事項の説明
不動産の買主・借主が取引物件に対して正しい判断ができるよう、その材料を提供します。

(2)重要事項説明書への記名・押印
重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認し、記名・押印します。

(3)契約後交付すべき書面への記名・押印
契約内容を確認し、責任を明らかにするため記名・押印します。(後略)

総合資格学院

また、次のように不動産関係の事務所には5人に1人は設置する義務がある「設置義務資格」でもあるため特に不動産関係の職種へ転職する場合は有利になるでしょう。

(前略)「事務所」に設置すべき成年の専任の宅地建物取引士の最低設置人数は、事務所の「業務に従事する者」(以下「従事者」という)の数の5分の1以上である。(後略 )

アットホーム

「宅建」という資格はよく耳にするので知っていましたが、独占業務や設置義務などがあるとは知りませんでした。

試しに求人情報も見てみましたが、ほとんどの求人で宅建取得者は固定給とは別に、技能給や特別給としてプラスされていましたよ!

需要が高いこともわかりますが、給料に反映される点も資格取得に対する意欲が高まるポイントだと個人的には感じています。

このようなことを知ると資格の重要さが身にしみてきますね。

女性に人気の受験資格不問で再就職に有利な資格

女性は結婚や妊娠など人生の分岐点で、仕事を辞めなければいけない場合もあるでしょう。

一度辞めると再就職するのも大変になるので、企業に求められる資格や、受験資格が不要で独学でも取得できる資格が人気です。

資格の中には一定の受験資格を満たす必要があるものもあります。しかし資格を受けるまでに実務経験をこなすなどハードルが高くなりますよね。

私も資格を取ろうと思い立った時には、役に立って手軽にとれるものはないかと考えるのでよくわかります。

次では受験資格が不問の2つの資格を紹介します。

登録販売者は医薬品を取り扱う店には必須の資格

登録販売者とは、一般用医薬品の販売に関わる専門資格です。

薬剤師とどう違うの?

ユーキャン

上記のように、一般医薬品には、第1類、2類、3類とあり、副作用のリスクが高い第1類医薬品は薬剤師でないと販売できません。

ドラッグストアなどで、レジの後ろに陳列されており、私達が自ら取れない医薬品が第1類医薬品になります。

それ以外の第2類、3類医薬品を販売できるのが登録販売者です。

薬剤師のいないスーパーやホームセンターなどで医薬品が売られているのは登録販売者がいるからこそなのです。

登録販売者
仕事内容一般用医薬品のうち、第2類医薬品・第3類医薬品を販売することができる
正規の登録販売者となるためには直近5年間で2年の実務経験が必要
受験資格不問
試験日年1回
受験料約12,000〜18,000円(都道府県によって異なる)
合格率41.5%(2020年度)

最近では、一般用医薬品をおく小売店も多くなってきたため、ドラッグストアだけでなく幅広く需要のある資格と言えます。

私も医薬品をどこでも買えるようになったので、便利だと感じていましたが登録販売者の人がそれだけ働かれている証拠ですね。

簿記2級は経理の能力を証明でき転職にも有利

簿記はよくきく資格の1種ですが、主催者の違いにより日商簿記検定試験、全商簿記検定、全経簿記検定の3種類あります。

日商簿記が最も知名度が高く、社会人など一般向けの検定のため転職などに活用するのであれば日商簿記がおすすめです。

簿記は1級、2級、3級、初級とありますが、3級までは入門レベルと言われているため、企業が求めている簿記は2級以上となります。

簿記1級は難易度も高く、合格すると税理士の受験資格を得られます。

転職に活用しようとするならば、日商簿記2級資格をとるのがおすすめです。

日商簿記2級
仕事内容経理や財務業務などで活かせる資格
お金の記録、計算や整理、企業の資金繰りなどの財務状況を把握する
受験資格不問
試験日年3回
受験料4,720円(2022年3月現在)
合格率18.2%(2020年度)

簿記は、株式投資する際に会社の財務諸表を見て会社経営の状況を読み取ったり、家計管理の際にもお金の流れを専門的に把握できたりと日常生活でも役に立ちます。

私も経理の基礎は、勉強しておいて損がないと思うので気になる資格でもあります。

資格取得難易度が高く時間もかかるが稼げる資格

一生食べていくにはどうしたらいいのかと考えた時に、長く働き続けることもそうですが、稼げる職業につきお金を貯めるというのも1つの手です。

私も資格取得をして給料アップに役立てたいとも思っています。

しかし、稼げる職業というのは「業務独占資格」が必要な職が多いのも事実です。

もちろん資格をとるのも簡単ではありませんし、勉強に費やす時間もかかります。

それでも、目指したいという方やどのような資格があるのか気になる方に2つ紹介します。

経験を積んで独立も視野に!社会保険労務士

ユーキャンのサイトによると、社会保険労務士は「業務独占資格」に分類され、下記の業務が行えます。

  • 健康保険や雇用保険、厚生年金などに関連する書類の手続き代行
  • 労働社会保険諸法令に基づいた帳簿書類などの作成
  • 人事労務管理のコンサルティング

社労士は、社労士事務所や企業の人事総務部門など需要が見込まれる資格でもあり、経験を積んで独立開業する道もあります。

社会保険労務士国家資格
仕事内容労働保険や社会保険、雇用保険に関する、行政機関へ提出する書類作成や
行政機関への申請代行など
受験資格学歴、実務経験、厚生労働大臣の認めた国家試験合格など受験資格あり
(受験資格については事前にご確認ください)
試験日年1回
受験料15,000円(2022年3月現在)
合格率6.4%(2020年度)

独立して働く場合と企業に勤めた場合で、収入の差はありますが、どちらにしても高収入を期待できる職種であると言われています。

受験資格があるので、取るまでにも時間はかかりますが、稼げる資格と言えますね。

受験資格が複数あることを知っただけでも、私には敷居の高い資格だなと感じました。

税のスペシャリストとして需要も高い税理士

税理士試験は11科目中、科目を選択し5科目合格で試験合格となります。

1年で5科目全てに合格する必要はなく、1年に1科目ずつ受けてもかまいませんし、5科目合格がそろって初めて試験合格となります。

試験に合格したら、日本税理士会連合会に登録して初めて「税理士」と名乗れます。

登録するのにも、2年以上の会計に関する実務経験が必要となりますので、資格取得の道のりは相当長いものになるでしょう。

しかし、税理士も一般の平均年収より高水準と言われており、経験を積み独立開業することで定年もなく長く働ける職業でもあります。

税理士国家資格
仕事内容企業の税務申告代行や相談などが主要な業務で、その他にも経営へのアド
バイスや会計処理のサポートなどを行う
税理士の登録には、2年以上の実務経験が必要
受験資格学歴、実務経験、日商簿記検定1級や全経簿記検定上級合格など受験資格あり
(受験資格については事前にご確認ください)
試験日年1回(3日間)
受験料5科目合計金額:26,000円(2022年3月現在)
合格率18.8%(2021年度)

私も今年確定申告をした際に、あまりの難しさに嫌になる位手こずりました。

これが企業なら個人で手続きするには無理があるなと感じました。この先も恐らく税務申告がなくなることはないので、長く需要が見込める職業でもありますね。

資格よりスキル!プログラミングがおすすめ

様々な資格を紹介してきましたが、即戦力となるスキルを養うのも、一生食べていく上では有効な手段と言えます。

そこで、番外編として一生食べていけるスキルとしてプログラミングを紹介します。

プログラミングとは、コンピューターに実行させる一連の作業を専用の言語を用いて、組み立て行くことです。

プログラミングはゲームやwebサイト、アプリケーションなど様々な場面で使用されており、需要も高く、再就職や転職、またはフリーのプログラマーとしての活躍も期待できます。

専用の言語も何百種類とあるため経験を積んでいくほどスキルアップにつながっていきます。

特に必要な資格もなく、誰でも始められる点が人気です。

専門的な分野ながら、スクールや独学でプログラミングを習得し、未経験からプログラマーへと転職をとげた人も多くいます。

私もプログラミングが気になって調べたことがあり、独学でできるような無料のサイトなどもありましたので気になる方はまず検索してみるといいですよ。

資格取得の近道には通信講座やスクールを利用しよう

資格は独学で取得できるものもありますが、何から始めていいのか分からない、参考書を買ったもののやる気がでないなどなかなか1歩が踏み出せない人も多くいるでしょう。

そのような時は、資格取得の近道として通信講座や専門学校などで学ぶのも1つの手です。

受講料はかかりますが資格のための参考書や勉強法などで、自分の時間を上手に使いながら勉強を効率よく進めていけますね。

私も資格のために独学で勉強しようと試みたことがありますが、どのような参考書がよいのか、試験日はいつでどこであるのかなど検索している時点でやる気を失った記憶があります。

講座やスクールを契約したことで、やるしかないという状態にもっていくのも私のような、ずるずるとタイミングを逃してしまう人にはおすすめですよ。

ユーキャンは幅広い通信教育講座が魅力!!

ユーキャン

CMや新聞広告などでもよく目にするので、知っている方も多いことでしょう。

資格や趣味・実用講座に至るまで様々な通信教育講座を提供している会社です。

私もユーキャンの広告が入っていると、こんな資格もあるのかとよく見て楽しんでいました。

講座ごとに標準学習時間が定められており、その範囲内で無理なく学習できるように教材も重要な点に絞ってあるので効率的に勉強できますよ。

通信教育講座なので、自分でテキストをベースに進める必要がありますが、受講期限内であれば添削指導、メールや郵送での質問などのサポートが受けられます。

受講生は「学びオンラインプラス」という、スケジュール管理や復習にも最適なテスト機能など学習の助けになるサポートサイトも使用できて便利ですよ。

どのような資格をとりたいか迷っている方にも診断やランキングなどから探せるページもあるので、まずはユーキャンのホームページを見てくださいね。

資格の大原は経験豊富な熟練講師陣の授業が人気

資格の大原は「一発合格主義」をかかげており、合格のノウハウを持った経験豊富な講師陣が魅力のスクールです。

講座一覧を見ると、公務員試験や法律・ビジネス、医療系など就職や転職に強い資格が取り揃えられています。

学習スタイルは下記のように様々なパターンより選べます。

  • 教室通学……決まった日程、時間に教室で講義を受ける
  • 映像通学……講義映像を大原校内の視聴ブースで見ながら学習する
  • WEBライブ……双方向通信のオンライン授業。ライブ配信なので臨場感のある授業が受けられる
  • WEB通信……講義動画を見ながら学習する。好きな時にいつでも学習が可能

質問対応はもちろん、全国にスクールを展開しているので通学の場合は転校制度などのサポートも充実しています。

口コミでは受講料が高いという声もありましたが、学校へ通い集中して資格を取得したい、合格まで最短の勉強法で学習したいという方にはおすすめです。

私も、もし通うなら講師陣が魅力とのことなので、教室通学で資格取得を目指したいなと感じました。

まとめ

  • 会社を辞めても一生食べていける資格のポイントとして、高齢になっても働ける職業につながるものを選ぶのもよい
  • 転職の際に、自己アピールとして強みになる資格を選ぶのもおすすめ
  • 「業務独占資格」「名称独占資格」「設置義務資格」など、資格がなくては働くことができない、資格者を置く決まりがあるものが需要も高く選ぶ際に考慮するとよい
  • 高齢になっても働けるマンション管理士や宅建取引士などは「不動産三冠資格」とも呼ばれ、需要もある
  • 受験資格も不問の登録販売者や簿記2級などは、転職の際の強みにもなるので女性に人気の資格である
  • 社会保険労務士や税理士は年収が平均より高いと言われるが、資格の難易度も高く取得にも時間がかかる
  • 資格をとらなくても、求人需要も高いプログラミングなどの一生食べていけるようなスキルを身につけるのもよい
  • 資格は独学で取得できるものもあるが、ユーキャンや資格の大原など通信講座やスクールを利用するのも資格取得への近道である

今回は6つの資格について、紹介しましたが気になる資格はあったでしょうか?

資格はたくさんありますが、「会社を辞めても一生食べていける資格」と補償できるものは残念ながらありません。

しかし、職場で活かせる能力を証明できるものや、需要が高い資格を選ぶことで、これからのスキルアップや転職の手助けになってくれるでしょう。

私も将来のことを考え、資格なども視野にいれ勉強しながら自分の需要価値を高めていきたいと感じました。

今回紹介した以外にも、様々な資格がありますので自分のスキルと組み合わせられるものや興味のある職業に関連する資格など探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました