スポンサーリンク

コミュニケーション能力を鍛える本は選び方が大切!お勧め本をご紹介!

コミュニケーション能力を鍛える本は、あなたが解決したい悩みを把握し、適切なジャンルを選ぶことが大切です。

コミュニケーションに関する本は、ベストセラーに選ばれたものも多数あり、多くの人に必要とされています。

その為、ジャンルも多く内容も多岐にわたるので、選び方が大切です。

私はコミュニケーション本を読んで、苦手だった人付き合いも、肩の荷がおりたような気持になりました。

コミュニケーションでは、「伝える力」「聞く力」「非言語力」の3つの力が重要になります。

この力をバランスよく付けてコミュニケーション能力を鍛える為にも、コミュニケーション本を読んで自信を付けましょう。

この記事を読むと、自分の悩みに合ったジャンルのコミュニケーション能力を鍛える本を選ぶ手助けになるはずです。

\本をお得に読むなら今だけ30日間無料で試せる/

Kindle Unlimited 無料体験に登録はこちらから
スポンサーリンク

コミュニケーション能力を鍛える本は選び方が大切

コミュニケーション能力を鍛えるための本は、あなたの解決したい悩みに合ったジャンルを選ぶことが大切です。

仕事や、恋愛、友人関係など、人と関わる場面では、コミュニケーション能力が求められます。

「コミュニケーション能力」といっても、具体的にどのような能力が求められるかはシチュエーションによってそれぞれ異なります。

私は、人付き合いやコミュニケーションがあまり得意ではありません。

特に初対面の人と話す時は、変に緊張したり、当たり障りのない会話しかできずに、沈黙が気まずくなってしまいます…。

私は、自分を少しでも変えたいと思い、コミュニケーションに関する本を読みました。

コミュニケーションに関する本は、堅苦しいイメージがあり、読んでもあまり意味がないのではという半信半疑な思いもありました。

しかし、自分が求めていた内容だったこともあり、あっという間に読め、人との付き合い方に対する考えが変わり、以前より人付き合いが楽になりましたよ!

もしあなたがコミュニケーションに対する悩みがあったり、コミュニケーション能力を鍛えたいという思いがあるのなら、コミュニケーション本を読むことはとてもおすすめです。

コミュニケーションに関する本といっても、ジャンルが多岐にわたり数多く出版されています。

あなたのコミュニケーションに対する悩みやシチュエーションをしっかりと把握し、それに対して解決策が書かれているジャンルを適切に選びましょう。

あなたに合った本を選ぶ際のポイントをご紹介します。

3つの力の苦手な部分に特化した本を選ぶ

コミュニケーションを取るうえで、「伝える力」「聞く力」「非言語力」の3つの力が重要です。自分に足りない力についてより詳しく学べる本を選ぶことがおすすめです。

コミュニケーションで重要な3つの力

【伝える力】
自分の伝えたいことを、正確に、分かりやすく伝える能力

【聞く力】
相手の考えや意見を最後まで聞くき、受け止める能力

【非言語力】
表情や声のトーン、身振り手振りなど、言葉以外のコミュニケーション能力

私は、コミュニケーション能力は伝える力が大切だと思っていました。

聞く力や、非言語力も、伝える力と同じくらい重要だということを知り、コミュニケーションに対する考えが一気に変わりました。

とにかく沈黙を避けるために何か話さなくては、と思っているときは、コミュニケーションはとても疲れるものでした。

この3つの力の1つに特化したコミュニケーション本は数多く出版されています。

自分に足りない能力を鍛えるために、3つの力のうちの1つに特化した本を選ぶことも一つの手です。

本以外の方法でもコミュニケーション能力を高めたいと考えているなら、こちらの記事もぜひ読んでくださいね。

コミュニケーション能力を活用したい場面で本を選ぶ

コミュニケーション能力を活用したい場面がはっきりと特定されている場合は、その場面で必要な知識を得られる、場面に合わせたコミュニケーション本を選ぶことをおすすめします。

コミュニケーション能力を学ぶことは、人と関わる様々な場面で役立ちますが、それぞれのシチュエーションにおいて必要な能力は異なります。

例えば、ビジネスの場面で使いたいコミュニケーション能力は、恋愛におけるコミュニケーション能力とは異なりますよね!

恋愛におけるコミュニケーション本、ビジネスの場面で役立つコミュニケーション等、場面に合わせたコミュニケーション本は数多く出版されています。

家族やママ友とのコミュニケーションで悩みがある人に対するコミュニケーション本もありましたよ。

私は、シチュエーションが限定されていることで、ピンポイントで具体的に必要な知識が学べるのは、ありがたいことだなと感じました。

コミュニケーション能力を発揮したい場面が特定されている人は、場面に合わせた本を選んでみてくださいね。

特に場面が特定されておらず、コミュニケーションを基礎から学びたい、難しい本は苦手という人には、ベストセラーに選ばれた本を読むこともおすすめです。

私は、コミュニケーションの基礎を学びたいという思いと、何を読んだら良いのか迷っていたことから、ベストセラーに選ばれた本を読みました。

ベストセラーを選んだことは私にとって大正解でした。

ベストセラー作品は多くの人から共感や支持があるので、読みやすく、どんな場面でも使えるコミュニケーションの知識が得られますよ!

コミュニケーション能力を高めるとメリットが得られる

コミュニケーション能力を高めると大まかに3つのメリットが得られます。

  1. 信頼関係が築ける
  2. 人脈が広がる
  3. 作業効率が上がる

コミュニケーション能力が高いと、相手とうまくコミュニケーションをとることで、お互いの考えを理解し、信頼関係を築けます。

私は、コミュニケーション能力が高くないので、初対面の人と信頼関係を築くまでに、時間がかかります。

コミュニケーション能力が高い人は、人脈も広く、あっという間に人と打ち解けていますよね。

私は、誰とでもあっという間に打ち解けられるコミュニケーション能力が高い人を羨ましく思います。

またビジネスの場面では、コミュニケーションがうまくとれると、意思の疎通が円滑にでき、情報共有や連携がスムーズになり作業効率が上がります。

コミュニケーション能力を高めることで得られるメリットは大きいですよね!

コミュニケーション能力を鍛えて損することはないので、まずは、あなたの悩みに合ったコミュニケーション本を選びましょう。

スポンサーリンク

何を読んだらよいか迷ったら高評価の本がおすすめ

コミュニケーションに関する本は、ベストセラーにも選ばれたものが多数出版されています。

それだけ、コミュニケーションに関する本は多くの人に必要とされているのです。

ベストセラーに選ばれた本は、実際に私も読みましたが、内容がとても興味深くあっという間に読めました。

コミュニケーション本は、自分人との関わり方を見つめなおすきっかけにもなりました。

ここでは、売れ筋ランキングや口コミをもとに、コミュニケーショ能力全般を鍛えるおすすめの本をご紹介します。

コミュニケーション本を選ぶ際の参考にしてくださいね。

あらゆる場面で使えるコミュニケーション力を学べる本

ビジネスでもプライべートでも役立つ対面会話でのコミュニケーション能力が学べる一冊です。

初対面で何を話したらいいのかわからない、自分の気持ちを正直に伝えられない…

すぐに話が途切れて会話が続かない、沈黙の時間が気まずい…

このような会話に関する悩みがある人は、是非この本を読んでみてください。

この本で、あなたが抱える会話に関する悩みが解決できるかもしれませんよ。

ベストセラー1位にも選ばれただけあって、難しい本が苦手な私でも、すらすらと頭に入り、あっという間に読めました。

私はこの本を読んで、自分が思っていた”コミュニケーション”という概念が大きく変わりました。以前より、人付き合いを楽にしてくれた一冊です。

コミュニケーションの基本ともいえる会話で大切なことや、相手の話を上手に引き出す方法、苦手な相手への対応等、幅広いシチュエーションで役立つ知識が満載です。

Amazonではレビュー数も多く、高評価でしたよ!

  • 人間関係で抱えていたストレスが軽くなった
  • コミュニケーションに対する新しい視点での考え方と実践のヒントになった
  • プレゼンなど一方的に話す状況ではなく、対面で会話する時に使える知識が多く、求めている内容と違った

対面での会話に苦手意識があり、そんな自分を変えたいという人は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

雑談力を鍛えたいときにおすすめの本

売上10万部を突破した、人見知りでもできる雑談のコツが満載の一冊です。

取引先との商談が盛り上がらない…

初対面の人との会話に疲れてしまいます…

このように、会話が盛り上がらないことに悩んでいる人は、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ!

私は、あまり親しくない人と、気を使いながら話す雑談は、とても苦手です。

しかし、主人の仕事柄転勤が多く、初対面の人と話す機会が多くあります。

そんなとき、最初の会話として使える知識が豊富で、ありがたい一冊でした。

この本は、雑談と普段の会話は全くの別物として雑談に適した話し方を解説した本です。

NG例やOK例が具体的に書かれており、今すぐ使える知識が満載の一冊です。

10万部売れていることにも納得の、高評価でしたよ。

  • 相手と自分がお互いに心地よく雑談する、その手助けになるような内容だった
  • ポイントがわかりやすく、あっさりと読む事ができた
  • 苦手な人と話すことが楽になった

雑談する機会は、どんな人にも遭遇する場面だと思います。

会話を盛り上げたい、コミュニケーション能力を鍛えたい人にとって、頼もしい一冊となるでしょう。

話しかけたくなる人になるためのポイントが詰まった本

人に好かれる人、好印象を与える人になるためのポイントを学べる本です。

「話しかけたくなる人」と「ならない人」のちょっとした違いや、「話しかけたくなる人」になるためのポイントを分りやすく解説してくれます。

私は、仲の良い友達に、「初めて会ったとき、話しかけずらい印象だった」と言われたことがあります。

今思えば、初対面の時は、緊張から笑顔で話せていなかったのだと思います。

「話しかけたくなる人」のポイントは、簡単なことのようで、実際できていないことばかりでした。

日々少しでも意識するだけで、人に与える印象は簡単に変えられるのだと気づけた一冊でした。

  • 人付き合いやコミュニケーションの取り方の基本を改めて噛み締められた
  • 紹介されているスキルは特別なものではなく、日々の心がけ次第ですぐに実践できそうなものばかり
  • 良く話しかけられる立場からすると、当たり前の内容しか書かれていなかった

人付き合いで心に壁を作ってしまう人、人に好印象を与えられるようになりたい人は、この本を読むことで何かヒントが得られるはずです!

仕事で人を動かす立場の人の悩みを解決する本

ビジネスの場で、人を動かす立場になり悩んでいる人におすすめの、仕事の場面で役立つ知識が学べる本です。

大手の企業支援を行う中で編み出された、仕事で役立つ話し方やノウハウが詰まった、ベストセラーにも選ばれた一冊です。

私は過去に仕事で新人指導をしたことがありましたが、うまく伝えることが出来ず、新人指導のやり方を先輩に注意されたことがありました。

話をする前の事前準備の大切さや、すぐに実践できるトレーニング等、仕事の場面で役立つ知識を学べます。

具体的ですぐに実践できるといったレビューが多い印象でした。

  • 何をどう改善したらいいか明確に分かった
  • とにかく具体的で読んですぐに使える知識が満載だった
  • ビジネスの場だけでなく、家庭や子育て等あらゆる場で活用できる

仕事における悩みはこの本が解決の糸口になるかもしれませんよ。

仕事でのコミュニケーション能力についてより理解を深めたいと考えているなら、こちらも記事もおすすめです。

子供のコミュニケーション力を育てる本もある

子どもが自信をもって、人とコミュニケーションできるようになるトレーニングについて書かれている一冊です。

少子化や核家族化が進む現代において、こどもが他者とコミュニケーションを取る機会は昔と比べると格段に減っていると言われています。

YouTubeやTVゲーム等も、コミュニケーションを取らずに1人でいくらでも楽しめるので、コミュニケーション不足は心配です。

この本は、大人が、こどものコミュニケーション力を鍛えるためのトレーニング方法が書かれている本です。

トレーニングと言っても、遊びの延長線上の感覚で取り組めるので、大人もこどもも負担がなく取り組める内容です。

私はこの本の存在を最近知り、電子書籍にも対応していたので、さっそくダウンロードして読んでいます。

時間を確保して取り組むものではなく、普段の会話の中で取り入れられるものも多く、すぐに実践できるものばかりなので、気軽に読んではこどもと楽しんでいます。

取り組みやすいというレビューも多く高評価でした。

  • コミュニケーション力を育てるにはトレーニングが大事だということが実践してみてよくわかった
  • 小学校の担任の先生おすすめの一冊。子供と接する時のヒントになる

こどものうちからコミュニケーション能力を鍛えていて損することはありません。

特に子育てしているパパやママにはうってつけの一冊です。

コミュニケーション能力を高める為には実践が大切

コミュニケーション能力を鍛える為に、何より大切なのは「実践すること」です。

コミュニケーション能力を鍛える本は、コミュニケーションに関するノウハウを学ぶためにとても役立つでしょう。

しかし、実践してみないことには、本で得た知識は自分のものになりません。

ビジネススキル・スクールを運営しているコミュトレ公式HPによると、コミュニケーション本を一生懸命読んでもなかなか変わらない最大の理由は圧倒的練習不足だと言います。

私は、本を読んだことで満足してしまうところがあります。実践しないと身にならないということは私も経験済みです…。

すぐに実践しないと読んだ内容も忘れてしまいます

試行錯誤を繰り返し、実践量をつむことが、コミュニケーション能力を鍛える1番の近道になります。

知識だけを詰め込んで頭でっかちにならないためにも、本で得たノウハウを、出来るものから、実践してみましょう。

まとめ

  • コミュニケーション能力を鍛えるための本は、解決したい悩みに合ったジャンルを選ぶことが大切
  • コミュニケーションは「伝える力」「聞く力」「非言語力」の3つの力が重要であり、自分に足りない力に特化した本を選ぶこともおすすめ
  • 自分がコミュニケーション能力を活用したい場面がはっきりと特定されている場合は、場面に合わせたコミュニケーション本を選ぶとよい
  • コミュニケーション能力を高めると「信頼関係が築ける」「人脈が広がる」「作業効率が上がる」と大きく分けて3つのメリットが得られる
  • 「人は話し方が9割」はビジネスでもプライべートでも役立つ対面会話でのコミュニケーション能力が学べる一冊
  • 「超雑談力」は人見知りでもできる雑談のコツが満載の、売上10万部を突破した、人気のコミュニケーション本
  • 「話しかけたくなる人、ならない人」は人に好かれる人、好印象を与える人になるためのポイントを学べる
  • 「人を動かす話し方」はビジネスの場で、人を動かす立場になり悩んでいる人におすすめの、仕事の場面で役立つ知識が学べる本
  • 「コミュニケーション力を育てる 実践 ことばキャンプ」は子どもが自信をもって、人とコミュニケーションできるようになるトレーニングについて書かれている本
  • コミュニケーション能力を鍛える為に、何より大切なのは実践すること

コミュニケーション能力を鍛える本はジャンルも様々で多数出版されていることから、自分の悩みに合った本を選ぶことが大切です。

私は、コミュニケーションを鍛える本を読んで自分にとってプラスになったので、子どもの為のコミュニケーション本をこれから読み、さっそく活かしていきたいと思いました。

コミュニケーション本を読むことは、コミュニケーションに関する悩みを解決してくれるヒントになるかもしれません。

今回紹介した本は全てamazon Kindleでもお得に読めますので、気になる方はぜひ下記からもチェックしてみてください♪

\今だけ!30日間無料体験!/

Kindle Unlimited 無料体験に登録はこちらから
タイトルとURLをコピーしました