【徹底解説】一の位とは!?十の位や百の位を簡単に子供に教える方法!!

こども
スポンサーリンク

子供が小学校に入学すると、宿題を見て教える機会が増えると思います。私もその一人です。

毎日、家事の合間に子供の宿題を見て教えながら、時には一緒に考えてながら勉強をしています。

そんな時にふと算数の宿題を見ていて、一の位とは何?と聞かれ、答える事ができませんでした。改めて聞かれると上手く説明が出来なかったのです。

調べたところ、一の位とは何なのか分からないでいると、子供によっては学年が上がっていくごとに算数につまづいてしまうそうです。

そうならない為にも、一の位とは何なのかを、ご説明していけたらと思います。

他にも、参考になる教材をご紹介しています。小学生のお子さまの学習に役立てたいときや入学前に教えたいときは最後までご覧ください♪

スポンサーリンク

一の位とは10進法の最初の位を表している

いち【一】 の 位(くらい)

① 第一等の位階。② 十進法最初。一けた。

引用 コトバンク

算数の中でも様々な意味があり、小数点が含まれる計算にも「小数点第一位」という形で一の位が出てきます。

「一の位」という言葉のみでは、10進法の最初の位のことを言います。

位の概念の話になり、言葉だけでは説明するには難しくなりますので、教える側もつまづいてしまいます。

なので、分かりやすく説明していきたいと思います。

10進法は見ると分かりやすい

位を教えるには10進法を知らなければ教えられません。

と言っても私は先生ではないので簡単にお教えしたいと思います。

10進法とは、同じものが10個集まると一つ位が上がる仕組みです。お金をモチーフにして考えると分かりやすくなります。

一円玉が10枚集まると10円に繰り上がる、これが10進法です。

同じ仲間に7進法や60進法があるります。7進法は曜日、60進法は時間で使われます。例えば60秒たつと1分になりますよね。

私でも理解することに時間がかかってしまった説明を、子供にもっと言葉を簡単にして説明してみました。

【手順1】写真のように書いた紙と磁石を用意します。

【手順2】例えば「14」という数字があります。一の位に全部置いて、10個あつまると一つのかたまりになる事を、他の4つが余っている事を教えます。

【手順3】そこから、10個のかたまりは十の位に移動して、余っている4つはそのまま一の位に置いておく、という風に説明していきました。

最初は分からないようでしたが、10個でかたまりになると移動することは理解できたのか、色々試しているうちに、自分で移動していました。

どんどん分かるようになってきたら、今度は足し算をしながらやってみるとより分かってきます。

例えば「7+4」をする時に、磁石の色を変えて合わせていき、10個になったら移動する。余ったものは一の位に置いておく。

そうして理解を深めていきます。私も一緒にやってみてみましたが、言葉で説明するより簡単でした。

意外と知らない位が入った数字の読み方

普段何気なく読んでいる数字の数々が、実は位が入った読み方をしていることはご存じですか?

「567円」を読んでみて

「ごろくななえん?」

例えば「567」という数字を読んでみると、左から「ごろくなな」と読む場合と「ごひゃくろくじゅうなな」と読む場合があります。

私は買い物や家計簿の計算などから、「ごひゃくろくじゅうなな」という風に読みます。

ですが、まだ数の読み方が不慣れなうちの子供は、「ごろくなな」とそのまま読みます。

どちらも間違いではないですが、私の読み方は位を覚えると読めるようになる読み方になります。

数字に百の位や十の位を付け加えて、そして一の位には何もつけずに読みます。

この知識を理解することで、算数をスムーズに理解していく事につながっていきます。

数の読み方を教えるにはお金が教えやすい

数字の読み方を2つご説明いたしました。左から素直に数字を読むことはお子さまにも簡単にできます。

しかし位が入った数字の読み方をする場合は、何かツールがないと考えつかないと思います。

うちの子供が数字を覚えたての頃は、10より大きい数字になったときに分からず、また1から数えていました。

困ってしまったときに調べた結果、うちの子供に教えたツールが「お金」を使った教え方です。

私は正直、子供にお金を扱わせるのはまだ早いと思っていました。

しかし自分で何でもしたくなる年頃になると、不思議と自分から買い物をしたいと言いましたので、お金を使って教える事にしました。

567円っていくつ?

100円玉が5枚

10円玉が6枚

1円玉が7枚だよ!

こんな風に一つ一つ硬貨を数えていき、教えていきました。お金を使うことで大きさも理解することができます。

また硬貨は両替ができることで、1円が10枚集まると10円に、10円10枚集まると100円になることを教えることができました。

そうして、うちの子供は買い物に挑戦することができました。

両替が理解できてくると、くり上げ計算やくり下げ計算を理解していけるようになります。

スポンサーリンク

一の位を理解できると算数が楽しくなる!!

宿題が大好き!!、というお子さんはもしかしたら、あまり多くないかもしれません。

うちの子供も勉強が苦手で、家に帰ればゲームやおもちゃで遊ぶことを優先してしまい、私に怒られつつ渋々、宿題をしています。

ゲームも学校の勉強も、「学ぶこと」という点では一緒なのですが、子供は楽しい方に興味がいってしまいます。

どうしたら勉強も楽しく学ぶことができるのか、悩んだいると子供の口癖に気づきました。

難しい!!分からない!!

子供の話を聞くと、授業はゲームのように面白おかしく、教わるわけではありません。

なので授業中は理解しても家に帰ると分からなくなってしまうんだそうです。他にもこんなお子さんの声もあります。

足し算や引き算はなんとなく出来るけど

位は分からない。

10以上の数はどんな数字がつくのか分からない。

こちらの声はすべてが小学1年生の意見ではなく、中には高学年のお子さんさんの声もあります。

そんな算数の勉強に欠かせない一の位を、楽しく教える方法をご紹介します。

ビンゴカードなど遊び感覚で位を覚える♪

大人も子供もゲーム感覚だと楽しく理解する事ができますよね。うちの子供にも楽しく学んでもらおうと調べてみました。

みんなで楽しくパーティーする時に楽しいビンゴゲームで位を覚えることもできます。

数を読むときに一の位は〇、十の位は〇と数を言っていく!!

ビンゴで出た数字を一の位は、十の位は、と付け加えて読みます。

最初は一緒に考えていた数字も、当たれば穴があけられる喜びから次第に自分で考えることができます。

勉強という雰囲気は全くしません。むしろ遊んでいてカードが無くならないか心配になります。

最近では100均で買うことができますので、試してみてはいかがでしょうか?

箱の絵を使って教えるボックス法

色々な教え方をご紹介してきましたが最後にボックス法をご紹介したいと思います。

ボックス法とは、箱を部屋に見立てて、数字がどのお部屋に入るのか考える教え方になります。

図に箱を書いて教える方法なのですが、私は実際に箱に数字カードを入れて教えてみました。

「14」という数字を「1」と「4」に分けて一の位と十の位を教えました。最初は同じ箱に入れたりと、分からなかったみたいです。

ブロック遊びなどに興味が出てくる入学前のお子さんには特に教えやすい方法だと思います。

うちにはもう一人入学前の子供がいるので、教える際に試してみようと思います。

ですが、何回か試しているうちに正しい箱に入れる事ができるようになってきました。

一の位を教えるために使える教材をご紹介♪

小学校に入ると算数セットがもらえるところもあるとは思いますが、十の位までだと思います。

ビンゴゲームやお金で教えるのももちろん良いですが、ビンゴは使いきりですし、お金もいつも同じ金額あるとは限りません。

長く使いたい時にはしっかりした教材を使用したいものです。そこで百の位まで教えることができる市販の教材がありますのでご紹介します。

10進法を教える最適な教材

千の位まで教えることができる教材になります。一から千まで細かく教えることができます。

それぞれ別の色をしているので、理解しやすく、千の位まで教えることができるので大きな数字も教えることができます。

ケース付きでバラバラになる心配はなく、使った後に保管も簡単にできます。

便利ではありますが、私は子供が理解してしまうと、使わなくなってしまうかもしれないので、子供に合わせて買いたいと思います。

数字カード付きで便利

ビーズを使って一つのかたまりになっているので、バラバラになりにくくなっています。

数字カードは小学校の教材では当たり前に入っていますが、お家での学習にいざ単品で探してみると意外とないものなのです。

うちの子供の数字カードをなくした時にはお店に走りましたが意外に無く、学校から直接買うことになりました。

そんな数字カードと一緒になっているので、数字で確認しながら理解を深めていく事ができます。

まとめ

  • 一の位とは10進法の最初の位のことをいいます。
  • 10進法とは10個で一つのかたまりとして繰り上げていく方法です。
  • ボックス法とは、箱の絵を使って教える方法です。
  • 数字には一の位や十の位が入った読み方とそのままの読み方があります。
  • 一の位を理解できると算数が楽しくなります。
  • ビンゴカードを使って楽しく覚えることも出来ます。
  • 一の位を教える教材をご紹介しました。
  • 10進法を簡単に教えることができる教材です。
  • 10進法の他にも数字カードで足し算や引き算も教えることができます。

私は調べるまで一の位とはなにか、調べるまでは何となくでしか分かっていませんでした。

一の位とは10進法の最初のくらいであり、10進法を知ることが位を理解することにつながることが分かりました。

算数の計算ができる子も悩んでしまう、一の位や十の位の勉強です。子供に楽しく分かりやすくする為にはどうしたらいいのか悩みました。

お金で分かりやすく教えたり、ビンゴゲームで遊び感覚に教えることができる事が分かりました。

これから算数を教える機会がある時は、教材やビンゴカードを使って一緒に楽しく学習してみてはいかがでしょうか♪

タイトルとURLをコピーしました