スポンサーリンク

iPhoneからNumbersの家計簿は使える!iPhoneユーザー限定機能あり!

仕事

NumbersはiPhoneにダウンロードすることでいつでもどこからでも家計簿をつけることができます。

そしてなんと、iPhoneだけで家計簿を作ることもできますよ!

私はMacBookを使っているのですが、すでに搭載されているNumbersがiPhoneでも同じように使えることを知りませんでした。

実際に使ってみると、iPhoneから簡単に家計簿がつけられる上に簡単に編集できるのでとても便利ですよ。

そして、iPhoneユーザー同士は家計簿を共有できるので、私は夫と共有して管理しています。

私自身iPhoneでNumbersを使うようになり、家計簿をつけることが楽になったので今も継続して使っています。

この記事ではiPhoneを使ったNumbersの家計簿を誰でも簡単に扱えるように解説します。

あなたもNumbersを使って、簡単に家計簿をつけましょう!

スポンサーリンク

iPhoneからNumbersを使って家計簿管理が簡単にできる

NumbersはiPhoneにダウンロードすれば、パソコンと同じように使うことができます。

私はエクセルなどの操作が苦手で、使うことを避けてきました。

どのくらい苦手かというと、外国の方に「ここは100円ショップですが、その商品は300円ですよ」と説明しなければいけないくらい苦手です。

「なんで300円?」と実際に聞かれた時は本当に困りましたね。

必死で「私も同じことを思っています」と説明したことが懐かしいです。

同じような感覚で、Numbersも分からないので難しいのではないかと使わずにいました。

しかし実際に使ってみるとNumbersは操作の手順が少なく、エクセルが苦手な私でも簡単に家計簿をつけることができました。

そして一番ありがたい機能は、iPhoneでも同じように使えるので外出時に出費さえ分かれば、すぐに入力できることです。

ここではiPhoneでのNumbersのダウンロード方法を説明していきます。

iPhoneと電波が繋がる環境があればすぐに出来ますよ。早速やってみましょう!

  1. Apple StoreでNumbersを検索する
  2. ダウンロードする

これであなたのiPhoneにもNumbersが搭載されましたね。おめでとうございます!

では、実際にNumbersの使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

Numbersの使い方は簡単!iPhoneの方が楽に使える

NumbersはMacBookに搭載されているアプリですが、iPhoneで使いこなせるようになると、パソコンよりも簡単に使えます。

私自身、NumbersをiPhoneにダウンロードして使う場合、MacBookで作ったシートに入力することしかできないと思い込んでいました。

ですので、カテゴリを追加したり変更したりはMacBookで操作していたのですが、すぐに入力したいときにはとても不便でした。

しかし、iPhoneでもMacBookと同じように一から家計簿を作る方法を知ってからは、今ではほとんど全てをiPhoneで行なっていますよ!

iPhoneは日常生活でトイレ以外は常に持ち歩いているので、私は何かあればiPhoneで行うことが多いです。

また、ボタンも最小限なので画面のボタンを適当に操作すれば正解に辿り着くほど簡単です。

Numbersが気になっている方やiPhoneは持っているけどMacBookは持ってないという方は必見です!

iPhoneだけでNumbersを使いこなす方法をお伝えしていきますね。

家計簿テンプレートを使えば難しい操作なく使える

Numbersには約30種類のテンプレートがあるので、選んで使うことですぐに家計簿が作成できます。

私はエクセルを苦手としています。エクセルを使っていた頃は難なく操作できたのですが、使わなくなった今はさっぱり分かりません。

分からない状態で家計簿を作るとなると、何から手をつけていいのかさえ分からないです。

しかし、Numbersは家計簿テンプレートがもう出来上がった状態ですので、少しの修正と入力で家計簿をつけることができます!

エクセルを使えない私が、Numbersを使いこなしているので簡単であることは大きな声で断言できますよ。

では、まずはテンプレートを選んでいきます。簡単なので時間はかかりません。

家計簿テンプレートの選び方
  • step1
    Numbersをタップし、画面右上の+をタップする
  • step2
    「個人財務」から「簡単な予算」をタップする

以上で家計簿テンプレートが選べました。ボタンを3回タップするだけなのでとても簡単です。

この家計簿テンプレートを少し修正しながら、使いやすい家計簿を作っていきます。

行の追加や削除はパソコンよりも簡単にできる!

家計簿テンプレートを修正や編集する時に必要な操作が「行の追加と削除」ですが、iPhoneなら簡単に操作できます。

今までMacBookで作った家計簿をiPhoneで使っていたのですが、iPhoneで簡単に編集できるので作り替えてしまった私です。

パソコンだとボタンがたくさんあるので、むやみやたらとクリックして大切なデータを削除してしまうのが怖い方もいるのではないでしょうか?

しかし、iPhoneならボタンも最小限なので、感覚で操作すれば出来てしまったなどということも珍しくありませんよ。

では、家計簿テンプレートを使いやすくするために「行の追加と削除」をしていきます。

行の追加方法

追加したい行の数字下に=ボタンがあるのでタップまたはドラッグする

行の削除方法

削除したい行をタップしたまま、右または左(上または下)に移動すると行が消える

これだけで行の追加や削除が出来るので驚きです。iPhoneの方が簡単にできますのでぜひ使い方をマスターしてくださいね。

シート名も分かりやすい名前に変えたいのだけど‥

シート名もiPhoneなら簡単に変更出来ますよ!

シート名を変更する方法

  1. シートをタップして画面上のほうきマークをタップする
  2. 画面下にシート名が出てくるので新しい名前に変更する

以上で変更完了です。私は今までなぜiPhoneで編集しなかったのか悔やまれるほど簡単です。

しかし、小さい文字が見えにくい方はパソコンの方が見やすいので、パソコンでの編集をおすすめします。

以上の操作で家計簿テンプレートを自分仕様に変更できるようになりました。

次は「日々の家計簿」を作り、家計簿テンプレートに紐付けする操作を説明していきますね。

日々の家計簿シートもiPhoneで簡単に作成できる

私の様にエクセルが苦手な方でも、NumbersならiPhoneで一から新しいシートを作ることも簡単にできます!

私も半信半疑でやってみたところ、とても簡単に出来たので感動を覚えました。

カフェで優雅にくつろぎながらiPhoneを操作して作った家計簿は、1番の出来の良さでしたよ。

つまりどこでも誰でも簡単に家計簿シートを作れるのがNumbersの強みですね!

では、新しいシートから日々の家計簿を作っていきますよ!

日々の家計簿の作り方
  • step1
    シート名の左側にある+をタップし新しいシートを出す
  • step2
    日付の項目を作る
    1. 一番左側の列を「日付」に設定する
    2. 1行目はヘッダー(先頭に付けられる情報のこと)になっているので「日付」と入力する)
    3. 上から順番に1~31を入力する
  • step3
    ヘッダーの欄を日付から右側に食費、日用品などの支出の項目を入力する

  • step4
    各項目の合計金額を入れるためのフッター行を作る
    1. 数字の下にある=ボタンをタップして1行作る
    2. ほうきマークをタップする
    3. 「ヘッダーとフッター」をタップ、フッター行が1になっているのを確認する
  • step5
    合計金額を自動計算できるように設定する
    1. 食費の1~31をタップし枠で囲む
    2. 黒の吹き出しの「セルアクション」をタップする
    3. 「合計」をタップすると合計金額が下のセルに出る
    4. 同じ操作を各項目ごとに行う
  • step6
    日々の出費の合計金額を自動計算できるように設定する
    1. 上記の操作と同じように行う
    2. 1日目が設定できれば、2日目以降は1~最後の欄までタップして囲む
    3. 右下のセルボタンをタップし、「セルに自動入力」をタップすると同じ計算式が自動で入る

以上で日々の家計簿の出来上がりです。この操作が人差し指1本で出来るなんて感動です。

日付を1から31まで入れるのが大変

日付は1と2だけ入れればあとは自動入力機能を使って簡単に入力できます

自動入力機能もボタンが最小限なのですぐにできますよ!

自動入力方法

  1. まずは1,2を入力し1と2をタップしたまま下まで囲む
  2. 画面左下にある緑色の「セルボタン」をタップして、「セルに自動入力」をタップする
  3. 黄色い枠が出てくるので、そのまま下までドラッグすると自動で数字が入力される

これで日々の家計簿の完成です。あとは家計簿テンプレートに紐付けすれば家計簿は完成です!

紐付けも難しい操作はないです。もう少しですので頑張りましょう!

家計簿テンプレートと作った家計簿を紐付けする方法

家計簿テンプレートと日々の家計簿を紐付けする方法は、4つの操作を覚えるだけですぐにできます!

私は難しい操作があると途端にやる気を無くしてしまうのですが、そんな私でも楽しく操作できました。

では、家計簿テンプレートに日々の家計簿を紐付けしていきます。

シートの紐付け方法
  • step1
    家計簿シート(簡単な予算シート)の食費合計数字を消す
  • step2
    画面右下の緑色のキーボードボタンをタップする
  • step3
    1番左にある=ボタンをタップして消した部分に=を入力する
  • step4
    そのまま日々の家計簿シートをタップ、食費の支出合計のセルをタップする
  • step5
    緑色のレ点ボタンをタップすると食費の紐付け完了
  • step6
    各項目を同じように紐付けすれば完成

これで全ての操作ができました!iPhoneで作った家計簿の完成です。

Numbersを使ってみると、ボタンの記号が分かりやすいので初心者にとても優しいなと感じました。

NumbersはiPhoneだけでもオリジナル家計簿が作成できるので、ぜひ使って試してください!

Numbersの保存はiCloudにすれば万が一の時心配なし!

Numbersの家計簿はiCloudに保存すれば、iPhoneが壊れたときでもデータは消えずに保管されているので安心して使うことができます。

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスのことで、データを保管する場所です。

私は昔、ズボンの後ろポケットにiPhoneを入れて行動していたのですが、トイレに入ろうとした時に中の水たまりに落としてしまったことがあります。

その時はすぐにiPhoneを救出し、データは全て無事だったことに安堵しました。

ちなみに手もiPhoneも念入りに洗ったので、そこは気にしないで下さいね。

もしiPhoneが壊れていたら全てのデータが消えていたと思います。

しかしiCloudに保存していれば、iPhoneが壊れたときでもデータは別の場所に保管しているので消えることはありません。

つまり、Numbersの家計データもiCloudに保存することで、万が一の時にも安心できますのでおすすめです。

では、iCloudへの保存方法を簡単にお伝えしますのでぜひ参考にして下さい。

iCloudへの保存方法
  • step1
    ホーム画面の設定をタップする
  • step2
    サインインしている場合

    画面上の自分の名前をタップする

  • サインインしていない場合

    「iPhoneにサインイン」をタップ、Apple IDを入力するか新しいApple IDを作成しサインインする

  • step3
    「iCloud」をタップ、下にスクロールしてiCloud Driveをオンにする
  • step4
    下にスクロールしてNumbersをオンにすると保存できる

以上がiCloudへの保存方法です。私はNumbersだけではなく、ほとんどのデータをiCloudに保存できるように設定していますよ!

またトイレにiPhoneを落とす可能性もなくはないですからね…。

大切なデータを失わない為にもiCloudへの保存をぜひご検討ください!

Numbersを削除してしまった時の復元方法を徹底解説!

万が一、iPhoneが壊れたりNumbersが消えたりしても、iCloudから再度ダウンロードすればデータを復元できます。

友人の話ですが、iPhoneが急に使えなくなったことがありました。

原因不明の故障でiPhoneが復活することはなく新しいiPhoneに買い替えたのですが、データは無事に復元できたので喜んでいました。

この時友人がデータを復元できたのは、iCloudに保存していたからだと言ってました。

つまり、大切なデータはiCloudに保存しておくことで、機械が故障した場合やデータが消えてしまっても復元できるのです。

では、どのように復元するのかを解説していきますね!

データの復元方法
  • step1
    iCloud.comのページから「設定」を選択
  • step2
    Apple IDでサインインする
  • step3
    「アカウント設定」をクリックする
  • step4
    詳細設定の列にある「ファイルの復元」をクリックする
  • step5
    復元したいファイルを選択する
  • step6
    「復元」をクリックすると元のフォルダにデータが復元する

私も実際にやってみると、簡単にデータを復元することができて驚きました。

これなら、機械操作が苦手な方でも簡単にデータを復元することができます!

もしデータが消えてしまい困ってしまったら、こちらの復元方法を試してみることをおすすめします。

NumbersはiPhoneユーザー同士なら共有できる

夫婦で家計簿管理したい方には必見です!NumbersはiPhoneユーザー同士であれば家計簿を共有できます。

家計簿シートがiCloudに保存されている場合、お互い家計簿シートを共有できます。

私自身、家計簿をつける上で困ったことがありました。それは家計がピンチな時、私だけ節約を頑張っていたということです。

私が10円安い野菜を買ってくると、夫は310円のお菓子を買ってきます。私の小さな努力が水の泡です。

しかし、夫は家計の状況を知らないのでしょうがないのです。

つまり家計簿をつける場合は、夫婦で共有することが大切なのです。

NumbersはiPhoneユーザー同士であれば難しい操作なしで簡単に共有することができます!

では、共有する方法を簡単にまとめましたので参考にして下さい。

Numbersの家計簿を共有する方法

  1. Numbersをダウンロードする
  2. 画面右上の人マークをタップする
  3. 参加依頼の送信方法を選択し、相手にURSを送信する
  4. 依頼された方はURLをタップする

以上4つの操作で簡単に家計簿を共有できますよ!

夫の出費も本人が入力できるので楽ちんです!

家計簿を共有できれば夫婦でしっかり家計管理できますし、夫婦仲も良くなること間違いなしですよ!

ぜひあなたもNumbersの家計簿を使って夫婦で協力できる体制づくりをして下さいね。

まとめ

  • NumbersはiPhoneにダウンロードすれば、パソコンと同じように使うことができる
  • NumbersはiPhoneで操作に慣れると、ボタンも最小限なのでパソコンよりも簡単に使える
  • 家計簿テンプレートを使えば、少しの編集で自分仕様に変更できるので簡単に家計簿をつけることができる
  • 行の追加や削除もiPhoneで行えば、=ボタンをタップしたりドラッグするだけでできる
  • NumbersならiPhoneで1から新しいシートを作ることも簡単にできる
  • 自動入力機能を使えば、連続した数字や計算式を自動で組み込むことができる
  • 作った家計簿シートと家計簿テンプレートを紐付けすることで、使いやすさを重視した自分仕様の家計簿が作れる
  • iCloudへの保存は設定からサインイン、iCloudをタップしiCloud Driveをオン、Numbersをオンにすると保存できる
  • データの復元方法はiCloud.comの設定からサインイン、アカウント設定からファイルの復元をクリックし復元したいデータを選択するとできる
  • iPhoneユーザーであれば、共有したい人にURLを送ることで家計簿を共有できる

NumbersはiPhoneでもパソコンと同様の家計簿を作ることができるので、とても便利に使えます。

今まで色々な家計簿アプリを使いましたが、無料版だと保存ができないなど、欲しい機能全てがあるアプリはありませんでした。

しかしNumbersは欲しい機能は全てある上に、iPhoneだけでもパソコンのように使えることは一番の魅力です。

実際に家計簿が続かなかった私が、Numbersを使って続いていることがその証明ですね。

家計簿をつけ始めようとしている方や私のように続かなかった方はまだ諦めないでください!

Numbersを試してみてからでも遅くはないですよ。ぜひ検討してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました